ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

都会育ちのツンデレ男子によるハートフル島生活『ばらかもん』

ばらかもん

ばらかもん の連載開始は2008年。ガンガンONLINE(スクウェア・エニックス)にて連載中。
2018年3月現在、16巻まで刊行。
作者はヨシノサツキさん。

とあることがきっかけで、日本西端の島で暮らすことになった書道家の半田清舟。
慣れない田舎の環境に戸惑いながらも、琴石なるをはじめとする島の人達と関わることで少しずつ変わっていく。
神経質な都会人とおおらかな島民たちが繰り広げる日常コメディです。


以下ネタバレあり

 

あらすじ紹介

有名な書道家の後継ぎで、自身も若き新鋭として名を馳せていた半田清舟。
栄華賞の受賞パーティにて展示館の館長に『型にハマった手本のような字』『賞のために書いたつまらん字』と酷評され、思わず館長を殴り飛ばしてしまう。
それがきかっけで父親に「頭を冷やしてこい」と島送りにされてしまった。

慣れない田舎生活に最初は戸惑う半田だった。
しかも住む家は地元の子供たちが秘密基地にしていたとかで、その子供たちが勝手に出入りをする始末。
その中の1人、琴石なるにはことさら懐かれ、振り回されることとなる。

書道以外の事、特に生活能力は低く、周りのサポートを受けながらなんとか生活をしていく半田。
おおらかな島民たちに受け入れられ、戸惑いながらも少しずつ島の生活に馴染んでいく。

ゆったりとした島の生活と半田やその周りの子供たちの成長を描いたほのぼのコメディ。

 

登場人物

半田 清舟(はんだ せいしゅう)

  • 23歳
  • 本名は半田清
  • 書道家
  • プライドが高いドジっ子
  • 愛称:先生

琴石 なる(こといし なる)

  • 小学1年生
  • 半田に懐く
  • 明るく元気
  • 自由奔放

他の主な登場人物

木戸 裕次郎(きど ゆうじろう)

  • 郷長
  • メタボ
  • 面戸身がいい
  • おおらか

久保田 陽菜(くぼた ひな)

  • 小学1年生
  • なるの親友
  • 人見知りが激しい
  • すぐ泣く

山村 美和(やまむら みわ)

  • 中学2年生
  • ボーイッシュ
  • 元気で勝気
  • 家は酒屋

新井 球子(あらい たまこ)

  • 中学2年生
  • 大人しい性格
  • 腐女子
  • 漫画家志望
  • 愛称:タマ

木戸 浩志(きど ひろし)

  • 高校3年生
  • 郷長の息子
  • 凡人
  • 面倒見がいい
  • 料理が得意
  • 愛称:ヒロ

 

アニメ化情報

放送時期

2014年7月6日~9月28日

放送局

日本テレビ 他

キャスト

半田 青舟:小野大輔
琴石 なる:原涼子
木戸裕次郎:杉野田ぬき
久保田陽菜:遠藤璃菜
山村 美和:古木のぞみ
新井 球子:大久保瑠美
木戸 浩志:内山昂輝

 

感想

のんびりとしたお話とくすっと笑えるコメディ。時々真面目な感じが相まって面白いです。
どんどん絵が変わっていってる気もしますが・・・。

子供が苦手という神経質な先生が子供たちに振り回されながら、何だかんだと面倒を見ている姿が楽しいです。
子供っぽい所が大いにありならがもすこしずつ成長を見せていく先生。
なるもまた、複雑な家庭にあって能天気で破天荒に見えながらもいろいろ弁えたりしていてそういったバランスも好きです。

なるの家庭の事情ももうちょっとはっきり書かれることがあるのかなーと気になりつつ。
先生がきちんと一人前として生きていく日が来るのかが大変楽しみです。

 

猫成分

★☆☆☆☆

アレルギーのせいで・・・

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 別冊図書館戦争
  2. 電撃デイジー
  3. 銀の匙 Silver Spoon
  4. LOVE SO LIFE
  5. 水玉ハニーボーイ
  6. ダメな私に恋してくださいR

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク