ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

珍しく晴澄と春湖が恋人っぽい『ボクラノキセキ8巻』ネタバレと感想

ボクラノキセキ8巻

ボクラノキセキ8巻 の表紙は春湖と晴澄。そして手嶋野。手嶋野さんはいい働きをしたと思います。
中表紙は七浦とコットンの現世・前世の組み合わせ。どちらも、いっつも不機嫌そう。
中表紙の裏は、ゼレストリアとモースヴィーグの使用人。使用人同士の仲は良好だったみたいです。
っていうか・・・これ、誰だろう?三つ編みの子は見覚えあるけど、名前が出てこない・・・・。

ちょっとずつ前世の事が鮮明になるけれど、それが更に謎を呼ぶ。
過去に気を取られながらも、現実では恋に友情にと忙しい8巻。

前巻のあらすじはこちら → ボクラノキセキ7巻のネタバレと感想

簡単なあらすじ

瀬々がユージンかもしれない。その可能性に動揺しつつも瀬々に揺さぶりをかける晴澄達。いったんユージンの事は様子見とした。前世を意図的に思い出す計画では手嶋野と晴澄が狙われ、仁科がケガをしてしまうのだった

 

詳細あらすじ

思い出してないってのはフリで
あの手紙も
襲撃も
全部
お前かよ
瀬々

ユージン=瀬々と感じた手嶋野。
瀬々の事を疑いながらも、手紙自身がニセモノの可能性がある事を考える。
そして、自分がどうなるか怖いから前世を思い出したくないという瀬々の言葉を思い出した。

悩んだ末、思い出したくないっていうなら前世の言葉をホイホイ口にするなと強く注意する。
そして、晴澄にだけこっそりと確定ではないが瀬々がユージンかもしれないと伝えるのだった。

ただ、ユージンと瀬々が同じ言葉を言ったとしても、他の誰かが言っていたとしても不思議ではない。
それに瀬々の全部が演技だったと思えない、思いたくない晴澄。

ユージンの手紙が偽物の可能性も、瀬々が本当に思い出していない可能性があるという事で、瀬々に揺さぶりをかける事に決める。

晴澄達の部屋に瀬々が料理を運んできたタイミングで晴澄は口を開く。

俺はさ
ユージンに会いたいよ

・・・前に・・・
龍司に訊かれた事があるんだ
『会いたい人いる?』って

真っ先にユージンの顔が浮かんだ

・・・真相究明を以て
ベロニカへの償いをするとか言っていたが

合わせる顔がないなどと
このまま逃げおおせるつもりなら
償いも
懺悔も

───どれだけお前が言葉を重ねようと
空虚だと思え

そう手紙に返事を書くという。

そんな晴澄達に、注文はお揃いですかと尋ねる瀬々。

関わらない、聞かないと固くなる瀬々に、おめーがいーなら好きにしろと手嶋野は言う。

ピリピリした様子の晴澄達に対し、女子がいないから今日は辛気臭いと瀬々は笑う。
その笑顔をみて、晴澄は誤解であってほしいと願うのだった。

 

一方、遊びに行く予定だった春湖と広木、西園の3人。
そんな西園に、槙と山田から誘いがかかる。
神官同士で話したいであろう槙の思惑に西園は気付かず、5人で遊ぶことにした。

普通の女の子として楽しむ5人。

お茶をしている時に槙と七浦の話になる。
前世でコットンとシドニーがこっそり両想いだったりしたらロマンチックだったのにとはしゃぐ西園。

そして、前世の事に話しが及ぶ。
広木がリュカの事を訪ねるが、神官側でも謎だと言う。

逆に槙はベロニカの正体を知ってるかと訊ねる。

それに対して広木は応える。

・・・ベロニカ様が
自分からみんなに素性を明かすのを
待ってるとこ

王女の事はね
心配してないんだ

つっよいからさうちの王女サマ
相手がなに企んでよーと
屈しないし

くずれない

まっすぐな広木と春湖の言葉、眼差しに全て打ち明けてこの人達と戦いたいと思う槙。
そのタイミングで七浦から電話が入る。

それは、王子から連絡が入り今から集まりたいという内容だった。
こちらの事を見透かしているかの様なタイミングに落ち込む槙だった。

うまい具合に王子側にいるのだから、ゼレストリア側にいくならせめて王子の正体を握ってから。

そう決心し、七浦達の集まりに向かう槙。
山田も帰る事になり、いったんお開きとなる。

 

二人が去った後、バルトの事を広木に尋ねる西園。

バルトがケガして倒れた横で、リリーがヒザついて見ているのを思い出したと西園は言う。
そして、いつも付けてるバルトのペンダントが無かったと伝えた。

それを聞いて、春湖(リダ)がバルトと交わした言葉を思い出す。

───あの方を
宜しく頼みます

言われるまでもない
お前こそしくじるな

バルトの分まで

・・・ああ
バルトの分まで戦えっ

・・・ベロニカ様に伝えたい

グレンのペンダントを握りしめたバルトと交わした言葉。
あの時、何を言ったのかと思い起こす春湖の横でバルトの最期について話す西園と広木。

そこに、晴澄から春湖に電話が入る。

グレンの事で直接話したいという晴澄。
晴澄は、春湖が晴澄(ベロニカ)の会いたい人がグレンだと誤解しているを手嶋野から聞き、誤解を解こうと思ったのだった。

 

晴澄に面と向かってグレンとは恋人同士がするようなことはなにも無かったと聞き、驚く春湖。
お互いそうなる気も無く、今は関係ないが春湖が誤解したままなのは嫌だと思ったという晴澄。

・・・それは
あまりにも
無分別すぎるだろうと
内心憤っていた

でも

いつもグレンの無礼な
振る舞いを諫める
バルトが

ベロニカ様との事には
何も言わなかったから

他でもない

ベルバニア当主と
グレンのお母さまの関係を
間近で見て育った
バルトが

だから
私が口を挟むべきではないと思った

恋愛なんて知らないリダ

皆見の中にはずっとグレンがいると思ってたと泣く春湖を抱きしめる晴澄。
会いたい相手はユージンだと、伝える。
そして、グレンが出てきたらそっちに行ってもしょうがないと思っていたと謝る春湖に、名前で呼んでくれたら忘れると伝える。

それに対して春湖は「晴澄。好き」と返すのだった。

その後に瀬々=ユージンかもしれないと聞いた春湖は、ふと、リダが死んだあとにベロニカがグレンに会ったかを訪ねる。
晴澄もそこら辺が曖昧と言うが、その拍子に春湖は思い出す。

グレンとリダが交わした最後の会話。

 

ベロニカ様に伝えたい

愛していると

俺は
色んなものを諦めて生きてきた

けど
あの方だけは

諦める事は

私に言ってどうする
王女に直接言え!

・・・うん
また会えたら

死ぬな

リダも

家に帰って部屋に籠り、春湖は一人涙を流す。

グレンはベロニカに会えたのか?
伝える事はできたのか?今どこにいるのか?

”あの方を宜しく頼みます”というグレンの言葉

うん
守るよ
皆見を
もう
・・・予防線や
逃げじゃなく
好きだから

 

 

仁科と大木、槙に七浦は王子からの指示を伝える。

それは、明日の大友達の実験がヌルい花火大会のようなものであれば、魔法で人を狙うというものだった。
狙いは王子の指名で晴澄と手嶋野だという。

表向き花火大会には参加しない七浦が実行役。
参加する槙、大木、仁科は持ち場でカバー。
その役割を伝えた後、槙と七浦は2人で話す。

そこで、ふとした拍子に槙に告白する七浦。
槙は少し悩んだ挙句、フリではなく本当に付き合う事にするのだった。

 

 

翌日、廃墟になった陸上競技場に訪れた参加者たち。

神官が防御魔法を使うので、それに向かって騎士が魔法を撃てと指示をする大友。

その前にまだこっちで魔法を使った事のない西園は一度練習したいと言う。
けれど、何度やっても西園は魔法が使えなかった。

神官たちが騎士の魔法を受ける横で、晴澄は春湖に上から落ちる魔法を撃ってと頼む。

晴澄の周りに5発。の予定で魔法を撃った春湖。
けれど、予定になかった6発目が晴澄のギリギリに落ちてしまう。

それがきっかけで、リュカが魔法で死んだであろう事を思い出した晴澄。
同時に大友も地下で血まみれのリュカと遭遇した事、手嶋野もリュカが王子に従わされていた記憶を思い出す。

地下の部屋で、ピアスをしたグレンとヴィンスが倒れている前で反射魔法を使ったベロニカの姿。

リュカの、神官の主導ではなかったかもしれないがもう少し何かが足りない。
思いつめる晴澄にいったん休憩を入れる事にする。

そこに、仁科のケータイへ一通のメールが届く。

手嶋野と皆見を正面玄関の建物内に連れて来い。他言無用。

春湖に「口パク」でヤバイと伝え、手嶋野達は正面玄関へ向かう。

何故自分と晴澄なのか。
そう思う手嶋野と晴澄の脳裏によぎるのは瀬々の笑顔だった。

正面玄関の建物に入り、誰もいない空間に晴澄は呼びかける

 

顔を見せてくれ!
俺達とお前・・・
前世の真実を明かしたいって目的は
同じだろう?

お前
本当にユージンか!?
信じらんないなぁ!
・・・
俺は

・・・ユージンの事を
よく知ってる!

その時、晴澄達を魔法が襲った。

手嶋野と同じ様に仁科を自分の後ろに庇おうをする晴澄だったが、それより先に魔法で足元を攻撃されてしまう。
倒れる晴澄に巻き込まれる手嶋野。
その手嶋野に向かってきた魔法を晴澄は反射する。

けれどさらに襲い掛かる魔法が仁科に当たり、仁科は怪我をしてしまう。

王子!
なぜ!!

仁科の悲痛な叫びが響くなか、瀬々はカラオケボックスでお客さんを笑顔で迎え入れるのだった

 

前世の発覚状況

★は晴澄=ベロニカと知る人

ゼレストリア

★皆見 晴澄 ⇔ベロニカ(王女)
★高尾 晴子 ⇔リダ・ラザラサーレ(騎士・王女の護衛)
★都築    ⇔オーブリ・ヴィカンデル(騎士見習い)
 七浦 晃  ⇔コットン(騎士見習い)
★広木 悠  ⇔バルト・ベルバニア(騎士見習い)
★目黒 翔  ⇔シスモンド(騎士見習い)22*22
 一ノ瀬ひなた⇔ニーナ・ブーシェ(侍女)
 榎本 美樹 ⇔コーデリア・ベイン(侍女)
 長谷部 杏奈⇔アデル・オルコット(侍女)
★菊池 孝  ⇔ベント・ドゴー(使用人)

モースヴィーグ

★瀬々 稜 ⇔ユージン(王子(仮))更新
★矢沼   ⇔オーギュスタン・フォーゲルクロウ(騎士・近衛隊長)
 大木 愛 ⇔カーラ・クレティエン(騎士)
★手嶋野 尚⇔ヴィンス・(騎士)
 仁科   ⇔アシュレイ・ギーバルシュ(騎士)
★元井   ⇔カルヴィン・プランタード(騎士)
 木村 真希⇔ミミ・ジーノ(侍女)
 福島 実果⇔ベラ・アビントン(侍女)
 日野 光介⇔ダグ・リーキー(使用人)

教会

★大友 辰哉⇔カルロ・ヴェールバルド
 西園 百花⇔リリー・エクルストン
 槙 優菜 ⇔シドニー
★御堂 龍司⇔ジャレッド・フロリオ
 山田 美月⇔パティ・ハーシェル

不明

阿部
渡辺

 

感想

広木がめっちゃ晴澄の後押しをしてる感がある。
春湖の友人として春湖に幸せになって欲しいのか。
ベロニカであった晴澄に幸せになって欲しいのか。
はたまた両方なのか。

槙ちゃんはちょっと可愛そうになってくる。
最初の出方が悪かったなー。
このタイミングの良さは、実は山田が見張ってたっていう可能性もあるかもだけど、どうだろう?
さすがに偶然かな?

しかし、さすがに恋愛沙汰には疎いリダちゃんでも、夜明にベロニカの部屋からグレン出てきたらそうだと思うでしょう。
そしてナチュラルに「グレンじゃないか。寝所にいないからどうしたのかと思えば・・・」と通り過ぎるバルト。
え?バルト的にはOKだった?
グレンが姫に手を出しても??

きっと外の事をいろいろ知ってるグレンに、ベロニカが話をせがんだとかそういうの何だろうけど。
バルトもグレンとベロニカが恋仲だと勘違いしてたみたいなの考えると・・・・
自分自身がベロニカの相手候補に挙がってたし、そうなればいいとか考えてたのかな?
いろいろ不思議だわ。

そしてそれに振り回されたリダ(春湖)が可哀想。
騎士見習いの面々は恋人じゃなかったって知ってたケド、リダは知らないままだし。

それにしても、春湖が勘違いしてると知った時の晴澄の顔www
絶望しすぎでしょwww
瀬々の言葉が本当になってたよ!

晴澄さんと春湖ちゃんが甘酸っぱい!
でも、基本的にみんな(晴澄以外)性別はそのままで転生してるのよ。
だから、グレンが出てきたら男だって可能性もあるわけで。
「グレンが出てきたらそっち行ってもしょうがない」と思うのはちょっと早いと思うのよ。

ラブラブな2人だけど、結局、春湖ちゃんが切ない!
熱烈なグレンの愛の告白を聞いて、それがどうなったか分かんないんだもんなー。
でもきっとグレンは伝えられてないんだろうな。

しっかし、槙さんは超気が強い。
人殺しだけど怖い?って聞かれて、は?バカ?って思ってるトコ結構好き。

でも戦争だったし、騎士見習いだったからそういう心構え出来てただろうに
モースヴィーグの騎士を殺した。そいつが復讐に来るって夢に見るって言うのは、コットンの裏切りと関係あるのかな?
それとも単に初陣で初めて殺したから強烈だっただけ??
でもそれだと気の弱そうな都築とかもっとヤバそう。
・・・・・逃げまどってる間に光の魔法で死んだ可能性もあるけど。

一番弱い魔法は本当に静電気程度なんだろうか?
それはそれで何の意味が・・・?
腕時計を外すって事は時計が壊れる可能性があるってことで
・・・実は衝撃はそこそこある?

そういえば、西園はちゃんと足にガーゼしてた。
よかった!
これで傷が綺麗に治ってる状態で出てたらえーってなるトコだった。
大友さんにバレたら大目玉ですよ!

あんな遠くから正確に狙えるものなの?って槙ちゃんびっくりしてるけど・・・
魔法については神官の方が詳しいんじゃないの!?
騎士と神官は使う魔法が違うから知らないって事??

それとも七浦の魔法技術が超絶凄いのか。
槙ちゃんが意外とノーコンだったのか・・・。
大変気になるところです。

”部下は等しく手駒”

槙ちゃんの言葉を繰り返す仁科さん。
魔法くらったとこめっちゃ痛そう。

晴澄の足元のは衝撃だけっぽかったのに・・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

リュカさんとか謎が増えた感がスゴイする8巻。

これから春湖と晴澄のイチャイチャが増えたらいいなと思いました。

 

 

猫成分

☆☆☆☆☆

(´・ω・`)

 

 

 

 

次巻はこちら

→ ときどき広木は役者になれるんじゃないかなって思う『ボクラノキセキ9巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. ボクラノキセキ1巻
  2. ボクラノキセキ5巻
  3. ボクラノキセキ11巻
  4. 前世の時系列
  5. ボクラノキセキ18巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク