ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

ポンコツ肉食女子とスケベメガネによるラブコメディ『ダメな私に恋してください』

ダメな私に恋してください

ダメな私に恋してください の連載は2013年から2016年。YOU(集英社)にて。
全10巻で完結後『ダメな私に恋してくださいR(リターンズ)』として続編が連載中。
作者は中原アヤさん。

会社が倒産、貯金も無く失業保険も切れ、生活に行き詰りながらも男に貢いでしまう柴田ミチコ。
短大卒、資格もなしで再就職が難航していた時、かつての天敵だった黒沢主任と出会った事で生活が一変する。
ポンコツアラサー女子と仏頂面不器用眼鏡によるラブコメディ。

以下ネタバレあり

あらすじ

急に会社が倒産し無職になった柴田ミチコ。
29歳短大卒、資格も特技もなく再就職が決まらず、失業保険も切れて生活に困っていた。
そんな状態でも親に借金までして年下の男に貢いでいた。

ある日ふと街中で、倒産した会社の主任だった黒沢歩と出会う。
とにかく怒られまくっていた事もあり黒沢を毛嫌いしていたミチコだったが、黒沢に助けられる事になる。

再就職した仕事を辞めて祖母のしていたお店・喫茶ひまわりを再オープンさせた黒沢にバイトとして雇われる事になったミチコ。
自身の再就職も決まり順調に生活が進む中、不器用な黒沢の優しさに徐々に惹かれていく。
けれど、黒沢には好きな相手が居ると知り悩むこととなる。

再就職先で出会った男性・最上に告白され付き合い始めるも、今まで経験から最上が詐欺師なんじゃないかと疑い、結局破局する事となる。

長らく片想いをしていた兄の婚約者がいよいよ兄と結婚すると知り、人知れず黒沢が落ち込んだり、店を止めさせようとする黒沢の父が画策したりといろいろ問題が勃発する。
けれど、持ち前の明るさと人懐っこさで、黒沢の周りの人物とどんどん打ち解けるミチコが、黒沢の背中を蹴り飛ばす勢いで押していく。
そんなミチコの姿に少しずつ黒沢も惹かれるようになる。

そして、黒沢が長らく思い続けていた片想いに整理を付けたと思えば、今度は30際になったミチコの元に父からお見合いの話が舞い込む。
何とか回避したいミチコは500円あげるからと黒沢にプロポーズするが断られてしまう。

ミチコは無事に色気ナシ駄目女を脱出できるのか?

登場人物

柴田 ミチコ(しばた みちこ)

  • 肉大好き
  • 貢ぐ尽くす女
  • ポンコツアラサー

黒沢 歩(くろさわ あゆむ)

  • 主任
  • 喫茶ひまわりのマスター
  • スケベメガネ
  • 元なんちゃってヤンキー

その他の登場人物

照井(てるい)

  • 通称:テリー
  • 喫茶ひまわりの従業員
  • 強面
  • 黒沢を命の恩人として慕う

昌(あきら)

  • 黒沢の元カノ
  • ミチコと仲良くなる
  • 姉御肌

最上 大地(もがみ だいち)

  • 関西弁
  • ミチコに惹かれる
  • 純粋

ドラマ化

放送時期

2016年1月12日~3月15日

放送局

TBS系・火曜ドラマ枠

キャスト

柴田ミチコ:深田恭子
黒沢 歩 :DEAN FUJIOKA
照井   :鈴木貴之
昌    :野波麻帆
最上 大地:三浦翔平

感想

関西人ぽいコミカルなかけあいが面白くて好きです。
作者さんも自分も関西人だから余計に馴染むのかもしれないですが。
後、カワイイ絵なのにすぐ変顔するところも好き。

ミチコのとことんまでのダメっぷりと、ぶっきらぼうだけど優しくてカッコイイ主任の関係がすごくいいです。
そして主任の嫁力の高さよ。

笑って笑って、とにかく笑える少女漫画。
元気が欲しい時には絶対おすすめの一冊です。

猫成分

★☆☆☆☆

もっとネコミミマスターがいていいと思う!

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 別冊図書館戦争
  2. コールドゲーム1巻
  3. ましろのおと
  4. 桃組プラス戦記
  5. おとなりコンプレックス
  6. 恋と呼ぶには気持ち悪い1巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク