ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

十二支の呪いを巡る物語『フルーツバスケット』

フルーツバスケット

フルーツバスケット は1998年から2006年まで、花とゆめ(白泉社)にて連載。
全23巻で完結し、作者は高屋奈月さん。
2015年より花とゆめONLINで、本作の十数年後を描いた『フルーツバスケット another』も連載。

テント暮らしだった少女と、呪われた一族との「絆」を巡るお話。


以下ネタバレあり

あらすじ紹介

幼い頃に父を、高校生になって母を亡くした本田透。
身を寄せていた祖父の家が改築する事となり、山でテント暮らしを始めた透だったが、そこはクラスメイトで学園の王子様的存在である草摩由希が暮らす家の裏山だった。

同じ家に住む由希の親戚・草摩紫呉に家事が得意であればここで一緒に暮らせばいいと誘われる透。
由希をライバル視し、戦いを挑みにやってきた草摩夾と共に、4人で生活をすることになった。

けれど、草摩家には秘密があり、物の怪が憑いているという。
生まれつき物の怪に憑かれているものは、異性に抱きつかれたり体が弱ってしまうとその獣に変身してしまう。
変身する動物は十二支と猫。
一代につき同じ物の怪に憑かれるのは一人だけで、草摩一族の中でもトップシークレットであるその事実を透は知ることとなる。

由希や夾、紫呉以外の他の物の怪憑きの皆と出会い交流する中で、物の怪憑きであることの葛藤や苦悩に触れていく。

草摩家当主で、「物の怪憑き」の主。「神様」的存在である草摩慊人に由希も夾も高校を卒業すれば、草摩の中で生きる事に聞かされた透。
また、物の怪憑きの中でも「化け物」である猫憑きの夾は一生幽閉されるという事実を聞き、呪いを解きたいと思うようになる。

草摩家の呪いは、遠い昔の「神」と「十二支」との約束の証であり、「呪い」であると同時に「絆」である。
それを解こうとすることへの身勝手な願いに迷い葛藤しながらも奔走する透。
慊人もまた、歪んだ家のなかで歪んだ常識だけで育ち、やがて感情が爆発してしまう。
やがて、「絆」を手放したくない慊人と「呪い」を解きたい透の思いがぶつかりある。

また、母との約束や思いにこだわりながらかも、移ろいゆく自身の胸中に悩む透。
自分に自信がなく、透を愛おしく思いながらも普通に「女の子」として見れない自分に悩む由希。
「猫憑き」という蔑まれるべき存在として生まれ、母親や大切な人の死を目の当たりにして、由希を憎むことでしか生きれなかった夾。
それぞれに暗く思いものを抱えながらも、少しずつ成長して前を向いていく姿が描かれた作品。

登場人物

本田 透(ほんだ とおる)

  • 女子高生
  • 天然ポジティブ
  • 家事が得意

草摩 由紀(そうま ゆき)

  • 透のクラスメイト
  • 学園の王子様
  • 「子」の物の怪憑き

草摩 夾(そうま きょう)

  • 透のクラスに転校する
  • 文武両道で短気
  • 「猫」の物の怪憑き

その他の登場人物

草摩 慊人(そうま あきと)

  • 草摩家当主
  • 神様
  • 癇癪持ち

草摩 紫呉(そうま しぐれ)

  • 小説家
  • くらげの様な性格
  • 「戌」の物の怪憑き

魚谷 ありさ(うおたに ありさ)

  • 透の親友
  • ヤンキー
  • 涙もろい

花島  咲(はなじま さき)

  • 透の親友
  • 電波
  • とにかく黒い

アニメ

2001年版

放送時期

2001年7月~2001年12月

放送局

テレビ東京系

キャスト

本田 透 :堀江由衣
草摩 由希:久川綾
草摩 夾 :関智一
草摩 紫呉:置鮎龍太郎

草摩 慊人:若葉紫
魚谷ありさ:今井由香
花島 咲 :安原麗子

草摩 楽羅:三石琴乃
草摩 紅葉:齋藤彩夏
草摩はとり:井上和彦
草摩 潑春:陶山章央
草摩 綾女:宮本充
草摩 杞紗:名塚佳織
草摩 燈路:渕崎ゆり子
草摩 利津:冨永み〜な

備考

全26話。原作完結前のアニメ化の為、アニメ独自の結末となる。

2019年版

放送時期

2019年4月

放送局

テレビ東京、テレビ大阪 ほか

キャスト

本田 透 :石見舞菜香
草摩 由希:島﨑信長
草摩 夾 :内田雄馬
草摩 紫呉:中村悠一

草摩 楽羅:釘宮理恵
草摩 紅葉:潘めぐみ
草摩はとり:興津和幸
草摩 潑春:古川慎
草摩 綾女:櫻井孝宏
草摩 杞紗:上田麗奈
草摩 燈路:大地葉
草摩 利津:河西健吾
草摩 依鈴:?
草摩 紅野:?

草摩 慊人:坂本 真綾

魚谷ありさ:種﨑敦美
花島 咲 :佐藤聡美

本田今日子:沢城みゆき
本田 勝也:?
透の祖父 :魚建
花島 恵 :藤井ゆきよ

草摩 籍真:森川智之

草摩 佳菜:津田美波
白木 繭子:生天目仁美
満    :赤﨑千夏

皆川 素子:M・A・O
木之下 南:石上静香
相田 リカ: 安済知佳

感想

不朽の名作だと思います。
何度読み返しても面白い!!

キャラクターもみんな魅力的ですし、ストーリーも大変面白い!!
ちょっと暗い部分や重たい部分もあるんですけれど、高屋さん作品ですしそのあたりは。。

最後もとてもきれいな終わり方をしましたし、大変満足です。
読み返すと初期と最後でかなり絵が変わっていますが・・・。

もし読んだことが無い人が居れば、ぜひとも読んでいただきたい!
キャラクターとしては夾君がイチオシです!!
ねこ好きなのを引いても、夾君がイチオシです!!!

猫成分

★☆☆☆☆

夾君、あんまり変身せんし・・・

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 花野井くんと恋の病1巻
  2. ボクラノキセキ
  3. パステル家族
  4. この男は人生最大の過ちです1巻
  5. ホリミヤ
  6. ReLIFE

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク