ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

鬼にとっての日常である”地獄”を舞台にしたブラックコメディ『鬼灯の冷徹』

鬼灯の冷徹

『 鬼灯の冷徹 』の連載開始は2011年。モーニング(講談社)にて連載中。
2018年1月現在、25巻まで刊行。
作者は江口夏実さん。

日本地獄を舞台にしたコメディで、アニメ化もされた作品。
広大な日本地獄に溢れる膨大な仕事をサラリとこなす、閻魔大王第一補佐官の鬼灯を中心とした、あの世の人たちの日常を描いたブラックユーモア溢れる漫画です。
日本のみならず、様々な国の神話・おとぎ話・怪談の登場人物も多数出演。
ブラックコメディ好きにはぜひ読んでいただきたい作品です。


以下ネタバレあり

 

作品紹介

八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている日本の地獄。

ちょっと頼りない閻魔大王に代わって、実質その地獄を治めているのが閻魔大王第一補佐官の鬼神・鬼灯だった。

戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により亡者が溢れかえり、極卒は人材不足。前代未聞の混乱を極める地獄で、鬼灯を始めとした個性豊かなメンバー達の日常が描かれた作品。人にとっての地獄、それは鬼にとっての日常である。

読むと日本地獄や神話にちょっぴり詳しくなるかもしれません。

 

イチオシキャラクター

鬼灯(ほおずき)
  • 閻魔大王第一補佐官
  • 周りからドSと称されるが認めない
  • 超ワーカホリック
  • モフモフ好き
  • なんかいろいろ変わった思考をしている

 

白澤(はくたく)
  • 桃源郷に住む中国の神獣
  • 漢方薬局を営む
  • 女好き
  • 鬼灯とは犬猿の仲

 

シロ
  • 桃太郎のお供の犬
  • 等活地獄の極卒
  • 食い意地がはっている
  • 丸っこいモフモフ

 

芥子
  • かちかち山の兎
  • 大叫喚地獄の極卒
  • 芥子味噌作りが得意
  • 『たぬき』がNGワード
  • 無表情なモフモフ

 

火車
  • 化け猫
  • お迎え課の所属
  • バイクに乗る姿がカッコイイ
  • でっかいモフモフ

 

感想

桃太郎のお供達を始め、動物のキャラが結構出てくるのでモフモフ率多いです。そして可愛らしい。ブラックジョーク溢れる中のモフモフ達に超癒されます。

お話も、なんでそうなる!?って突っ込みを入れたくなる事も多々ありつつ、面白いです。神話やおとぎ話の登場人物なども結構出てくるので、そういったのが好きな方にもおすすめですね。

長く続いて欲しい作品の一つです。

 

猫成分

★★★☆☆

 

純粋(?)な猫は居ませんが、割と猫のキャラクターが多くていい感じ(・∀・)!!

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. ヲタクに恋は難しい
  2. 鬼灯の冷徹26巻
  3. おじさまと猫1巻
  4. 桃組プラス戦記
  5. Landreaall
  6. ダメな私に恋してくださいR

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク