ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

そりゃチンアナゴは可愛いよな『カカフカカ6巻』ネタバレと感想

カカフカカ6巻

カカフカカ6巻 の表紙は順番通り本行。

本行を巡っての恋愛面での亜希とあかりの三角関係と、亜希を巡る愛があるのか見えない本行と長谷の三角関係。
複雑な人間模様は、無表情で何を考えているのか分かり辛い本行の内面がチラホラ見えてきた事で発展するのか。
笑顔ばっかりで、こちらも分かり辛い長谷の内面もちらりと垣間見た6巻。目が離せません。

シリーズ全体のあらすじはこちら→カカフカカのあらすじ紹介

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ(ネタバレ少)

それぞれ見えているものが違うのかもしれないと感じた亜希は、本行に中学時代に自分の事をどう思っていたのか訊ねる。水族館へのお出かけを経て、告白した事への感想を訪ねるが本行からの返事はもやっとした物だった

 

詳細あらすじ(ネタバレ大)

いつもの長谷と違い、ゆっくりと触れられる事で流されそうになる亜希。
普段見えない頭を垂れた姿に惹かれるんじゃないかと思いを馳せる。

あかりと話す内に、亜希は自分とあかり。そして本行も長谷もみんな見えているものが違うのかもしれないと感じる。
そして、自身の告白に対する「へえ」という言葉にどういう思いがあるのかを本行に直接尋ねる事に決めた。

一方、亜希ともう添い寝しないで欲しい。触って欲しくないという長谷と、黙ったまま返事をしない本行。
返事はしなかったが、聞きたい事があると尋ねた亜希に対して、理由を言わずに「出ていく事になるかもしれないから、できるうちに」と添い寝の依頼をするのだった。

本行の分からない事が多すぎて聞きたい事に迷った亜希は「中学の時私のことどう思ってた?」と尋ねるが、返って来た言葉は思いがけないものだった。
自分の中で抱いていたイメージと、本人から聞かされる中身のギャップに戸惑う亜希だが、別に自分が見下されていた訳ではなかった事。どこか自分が『特別な相手』である事を知り浮かれた様子を見せる。

翌日、忠告した日に添い寝をした事を指摘する長谷に対して

寺田さんと添い寝もしたいしハセの近くにも居たい

と言い切る本行。
その態度に『そういう奴だよなおまえは』とどこか苛立ちを滲ませながらも、何かの時期を待つ様子を見せる長谷。

浮かれていた亜希はそれ以来何も進展が無い上、本行と顔を合わせる機会が減った事に落ち込み外出に誘う。
本行が指定した先は水族館でいつもと違う雰囲気に勝手に進展したつもりになる亜希だったが、帰宅後にあかりから

いきなり動物園とか 水族館とか 生物の生殖がどーだとか。
やっぱり次のお話につかったりするのかしらね

と言われ、水族館デートと浮かれていた事を落ち込む。
そんな中チンアナゴのマグネットを本行から渡された亜希。
水族館に一緒に出掛けた際、亜希が気にしていたからとこっそり買ってくれていた事実に浮かれるが、それが、寝ぼけてキスしたお詫びと言われ再度落ち込む。

そこで告白した際の心境を確認していなかったことに気付いた亜希が確認をすると、告白されて嫌じゃなかったという本行だった。それじゃあ付き合ったりとかと聞いてみるが、

つきあったほうが いいなら そうするけど・・・

だけで返事が終わってしまう。

・・・・けどってなんだ!?

 

感想

本行に直接抱きしめてキスして欲しいとお願いするあかりさん、強いな。
それをお地蔵様にお○っこひっかけるみたいな気がするから無理っていう本行もなかなかアレだよね。しかも、それであかりさん喜んじゃうし。
亜希も完全についていけないって顔してるけど、そりゃそうだ。
神聖なものとしてみてもらえてるってすごいポジティブな思考だと思われる。どちらかというと、神聖視というよりは、バチが当たりそうというか得体のしれない怖さみたいなのが滲み出ている方が近いんじゃないかと思うんですが・・・。

表に出なかっただけで、内面は普通の『男の子』だった本行。
長谷さんとの会話を聞いてると、意外と自分本位な雰囲気もあり。長谷さんが苛立つ姿が珍しい。
それだけ亜希に本気なのかな?そして、本行の完全な内面を見れば亜希が幻滅して本業から離れると予想していたりするのかな。
それに対しての『その時を待てばいい』なのかな、と。

それとも誰かと『付き合う』ってう行為に対して本行があまり積極的ではないのか、考え方が何かずれてるのか。
だから付き合ったとしてもうまくいくわけなくて、すぐに分かれるだろーって思ってたりするのかな。

非常に気になる所。

そして最後の本行とのやり取りは、果たしてあかりに報告するだろうか・・・?
『嫌じゃなかった』のくだりで卒倒しちゃわない?
いや、嫌ってる訳じゃない他人から好意を持たれて嫌なわけないじゃない。嫌か嫌じゃないかに恋愛感情は関係ない適的な発想になるの。

意外と長谷さんとあかりさんもお似合いだとは思うんだけどなー。ソリが合わないなりに、ぶつかりながらうまくいきそうなのに。

非常に気になる所で終わってしまった6巻。続きが待ち遠しい!

 

猫成分

☆☆☆☆☆

皆で飼えばいいのに・・・

 

 
 

 

 

次巻はこちら

→ みんなしっかりしろ!と言いたい『カカフカカ7巻』ネタバレと感想
 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. カカフカカ
  2. カカフカカ7巻
  3. カカフカカ8巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク