ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

急に謎の沖縄出張の申請書出された部長が可哀想『恋と呼ぶには気持ち悪い3巻』ネタバレと感想

恋と呼ぶには気持ち悪い3巻

恋と呼ぶには気持ち悪い3巻 の表紙は一花を抱き上げる?亮。
私服姿になったので犯罪臭はだいぶ薄れました。

クリスマスに修学旅行、恋のライバル出現!?とイベント盛りだくさんな3巻。

前巻のお話はこちら→ 『恋と呼ぶには気持ち悪い2巻』ネタバレと感想

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

プレゼントに悩んで理緒に相談する亮と一花。クリスマス当日、互いに理緒からアドバイスを貰っていた事を知り3人でパーティーを行った。そして修学旅行では、一花への想いに悩む多丸は自由行動に一花を誘うのだった

 

新たな登場人物

谷口さん(たにぐちさん)

  • カメラマン
  • 益田の先輩
  • 文字Tシャツを愛用

松島 有枝(まつしま ありえ)

  • あだ名がアリエッティ
  • 亮の同期
  • 一花と同じアニメが好き

山岸君(やまぎしくん)

  • 理緒を自由行動に誘うが即断られる
  • 名前も覚えてもらってなかった
  • 不憫

 

詳細あらすじ

亮の棘が取れ雰囲気が柔らかくなったと噂をする会社の女性達。
たまたま一花との電話を聞いていた女性は、亮の彼女が年上の教師で尽くしまくっていると勘違いする。
そしてその勘違いの噂は社内にあっという間に広まるのだった。

一花がイーゼルを運ぶのを手伝っていた多丸は、先日の夜に一花が亮と一緒にいた理由を訊ねた。

亮とは付き合っていないときっぱりはっきりと答える一花。
多丸に亮の事をどう思っているのかと聞かれ悩む

気持ち悪い
迷惑
困る
うっとうしい

色々悩んだ末、

一言では・・・まとまらないというか・・・

その答えを聞いた多丸は質問を取り消して去っていく。

残された一花はぼんやりと、

どう思ってるか か

迷惑・・・
気持ち悪い・・・
でも

嫌い
ではない・・・と
思う

と考えるのだった。

 

一方で一花の苦々しい表情の意味に悩みながら歩いていた多丸は理緒とすれ違った。
亮のことで話しかけられた多丸は、亮と一花が仲がいいのかと理緒に訊ねる。

仲がいいっていうか
お兄ちゃんが
一花に
超片思い中
なんだよね

予想外の回答にしどろもどろになる多丸。
そして逆に多丸自身も一花の事が好きなのかと聞かれ戸惑ってしまう。

もし
好きなら
警告しとこうと思ったからさ

うちのお兄ちゃん
色んな意味で
結構ヤバいから

気を付けて的な

でも違うならいいや

そう言って去っていく理緒。
残された多丸は一花をどう思っているのかと悩むのだった。

 

 

 

クリスマスが近づいたある日、一花は理緒に相談をしていた。
風邪のお見舞いやテスト対策に参考書を作ってくれたお礼に、亮にクリスマスプレゼントをあげたいという一花。
けれど何がいいからアドバイスが欲しいと言う。

理緒は茶化しながらも一花のにプレゼント選びに付き合うのだった。

そして理緒は亮にも一花へのプレゼントが何がいいか相談をされる。
今まで一花にたくさんのプレゼントを贈ってるのに、なぜかクリスマスプレゼントに悩む亮。

今まで花とか
ぬいぐるみとか
色々贈ったけどさ

それってただの
自己満足だな
と思って

いや
気付いてはいたけど
その自己満プレゼントを
嫌がる一花さんの
反応が可愛いから
それを見たかった

でもクリスマスは
一花さんが喜ぶものを
あげたいなと思って

嫌がる顔は
もちろん可愛いけど

喜ぶ顔がみたいなって・・・

それを聞いた理緒は確実に一花が喜ぶものの情報を亮に送った。

理緒の協力によって無事に互いへのプレゼントが決まった一花と亮。

あとは・・・
理緒へのプレゼント
何にしようかなぁ・・・

と悩むのだった。

クリスマス当日、残業帰りに一花から呼び出された亮。
亮が来るまで一花は理緒と共に居たが、連絡が付いた途端帰って行ったという。

一花から贈られたタイピン。
亮から贈られたフォアワード・ワールドの初回限定ブルーレイ、店舗限定トウホウ(推しキャラ)のアクキー付き。

互いに贈られたプレゼントに喜んだ後、どちらも理緒に相談をしていた事を知る。
そうしてケーキを買った2人は天草家に帰って、理緒と3人でクリスマスパーティーをするのだった。

 

 

 

修学旅行を来週に控えたある日、一花は学校周辺でウロウロする亮を見つけた。
修学旅行前に会っておきたかったからとわざわざ半休を取って現れた亮。
旅行前に一花を鮮明にインプットしておきたかったのと、どうしても渡したいものがあるという。

不思議そうにする一花の前に出されたのは、お守りと防犯グッズ、そしてサバイバルキットだった。
旅行先で何が起きるか分からないという亮に対して、一花は荷物にならないお守りだけを受け取る。

どうしても一花の修学旅行先の沖縄に行きたかった亮だったが、沖縄出張の申請許可が出なかったことを悔やんでいた。
多丸の存在を懸念材料と思っている亮だが、お土産に何が欲しいか聞かれると

一花さんが
健康で安全に
楽しく過ごして

無事に帰って来て
頂ければ
それで十分です

と返すのだった。

 

そして始まった修学旅行。
先輩の手伝いを頼まれたと言う益田がカメラマンとして同行していた。

亮にカメラマンとして行く事を伝えているのかと聞かれ、伝えていないと言う益田。

だってさー
俺仕事で来てるのに
一花ちゃんの
写真だけ大量に
撮ってこいって
言われるの確実だし
しまいには

アシスタントとして
行くとか言うでしょアイツ

その言葉に謝るしかない一花だった。

 

水族館で理緒たちとはぐれてしまった一花。
携帯の電源が切れて困っているところに多丸とぶつかってしまう。

落ち込む一花に順路が決まって出口も一つしかないから、とりあえず見て楽しめばと多丸は言う。
そうして一花と話している所を見たグループのメンバーに勘違いされ、多丸も置いていかれてしまうのだった。

集団行動や人込みが得意じゃないと疲れた様子の多丸を水槽前に誘う一花。

・・・これだけ近付くと
魚しか見えないから
誰も人がいない海の中みたいだね

一花の行動の意味に気付いた多丸。
思わず一花の手を取ろうとした途端、どこからか出てきた益田が写真を撮り始めてしまう。

益田に携帯を借りて理緒と連絡を取る一花だった。

 

一方の亮は同期の松島とぶつかって彼女の荷物を落としてしまう。
拾うのを手伝った亮、一緒に拾ったトウホウのアクキーも松島の物かと問う。

ヲタクである事を隠していた松島は固まり何とか誤魔化そうとするが、思いがけず亮の口からアニメの話題が出てきた。
隠れヲタクであるため会社では秘密にしておいてほしいと言う松島に、アニメの情報が欲しい亮は話がしたければいつでも聞くからと言うのだった。

 

夜、部屋で翌日の予定を立てていた一花達。
以前に告白された人と回るので別行動したいという五月に、誘われたが断ったと言う理緒。
一花は誰にも誘われていないと告げたところで亮からの電話が入った。

どうしても確認したいことがあると言う亮は、益田が修学旅行に同行しているのかと聞く。
益田の冗談の可能性もあると考えて居たが、本当に益田がいる事を聞いた亮は本気で悔しがる。
そして、益田の事を確認したかったのも理由の一つだが、一番は一花の声を聞きたくなったのだという。

それを聞いた一花は

・・・理緒もいて
益田さんもいるのに・・・
亮さんがいないのは・・・
ちょっと
さみしいなって
思ってます

たまたま通りがかってそれを聞いた多丸。
電話を終えて飲み物を買いに行こうとする一花に、明日の自由行動を一緒に回ろうと誘うのだった。

 

 

感想

亮が尽くしまくってるって事には全然間違いはないんだけどねぇ。

どう思ってるの?→一言では言えない。って
普通なら好意的な感じの受け答えのはずなのに、顔が!

それでも嫌いじゃないって思えるって事は、亮さんだいぶチャンスあるよね。
何が引き金になったら自覚するんだろうか一花ちゃんは。

そして妹に「結構ヤバイ」と称される亮。
そのヤバイは「変態」以外も入ってるって事だよね。
一体今までに何があったのやら

でも面白そうって言いながらも、ちゃんと一花とお兄ちゃんが上手くいったらすっごく嬉しいんだろうな理緒ちゃん。

想い人からも妹からも「最低」と言われる亮。
キリっとした顔でいうことではない。
嫌なの分かってて贈ってたって・・・。
嫌がる顔もカワイイとか最低というかもうホント変態ちっく。

しかし喜ぶプレゼントがアニメのブルーレイでいいのか・・・。
全力で喜んでるケド色っぽさが全くなさすぎてちょっとどうよ?

理緒も優しいけど一花達も優しいよね。
力士のぬいぐるみはちょっと笑ったけど。

学校前に現れた亮のネクタイにしっかりタイピンが付いてる!
それまでタイピンしてなかったもんなー

お守り、防犯ブザーまではまだいいとして・・・警棒とか逆に持っててもどうしようもないとおもうんだけれども

益田さんが出てきたの嬉しい!

益田さんに「なんかすみません」って言ったの一花でいんだよね。
理緒ちゃんはさらっと流しそうだし。

一花が好きだからって理由で、セリフを覚えるくらい研究するってスゴイな。
なかなかのストーカ―気質。

そして亮からの電話に一花がデレた。
もっと亮のテンションふっきれるかと思ったけど以外と静かだった。
まあ電話だからかな?

入学式のときの一花と理緒の話がほのぼのする。
一花は天草家キラーなのかな。

まああの顔と性格だと一歩間違えたら人間関係ややこしくなりそうだもんね理緒ちゃん。
一花の性格で救われた事ってあるのかな?とか考えてみたりして

そして兄の印象がクズから変態に変わったのは進歩なのかどうなのか・・・。
ライバルもライバルらしく自覚を持ち始めるようなので、いろいろどうなる事やら。

そして益田さんと理緒ちゃんが親密になるルートはないのかとちょっぴり期待してます

 

猫成分

☆☆☆☆☆

アンナちゃん登場しないかな

 

 

 

 

 

次巻はこちら

→ ポップコーンをあーんは結構ハードル高いと思う『恋と呼ぶには気持ち悪い4巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 恋と呼ぶには気持ち悪い1巻
  2. 恋と呼ぶには気持ち悪い2巻
  3. 恋と呼ぶには気持ち悪い5巻
  4. 恋と呼ぶには気持ち悪い4巻
  5. 恋と呼ぶには気持ち悪い6巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク