ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

ポップコーンをあーんは結構ハードル高いと思う『恋と呼ぶには気持ち悪い4巻』ネタバレと感想

恋と呼ぶには気持ち悪い4巻

恋と呼ぶには気持ち悪い4巻 の表紙は迷惑そうな一花と一輪の花を持った亮。
互いのライバル候補もちょっとずつ頑張り出した3巻。
一花もだいぶ意識してきてるのになかなか恋に発展しない不思議。

 

前巻のお話はこちら → 『恋と呼ぶには気持ち悪い3巻』ネタバレと感想

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

自由行動で多丸とアニメの聖地巡礼をした一花。亮にお土産を渡した際、慣れてなかった多丸とデート慣れをしている亮の違いを比べて落ち込む。一方の松島は亮の片想いの相手と雰囲気が似てると言われ頑張ることにした

 

詳細あらすじ

多丸に自由行動を誘われた一花は、二人で『フォアワード・ワールド』の聖地巡礼をしていた。
飲み物を買いに行き戻った多丸は、一花が男に声をかけられているのを見つけて慌てて割って入る。
けれど、一花と話していた男はカメラマンの益田だった。
一花がナンパされていると思い助けに入った多丸に、やるじゃんと笑って益田は他の子たちの所へ向かう。

多丸が自由行動に付き合ってくれたお礼を一花に伝えると、一花は二人で見たから感動も2倍だったと笑う。
そんな一花に「なんだそれ」と多丸も笑うのだった。

 

 

高校の同級生の結婚式に参加した亮と益田。
あまり輪に入りたがらなかった亮が丸くなっていることを嬉しく感じる新郎に、益田はお前も丸くなったからそう感じられるようになったんじゃないかと言う。
そして、その要因に一花との出会いがあるなら恋はすごい力を持つなと考えるのだった。

一方の亮は高校の時の自分を思い出し、結構ひどい奴だったんだと実感していた。

他の友人たちに仕事の話を聞かれた益田。
修学旅行の専属カメラマンをした話をする。
そしてふとした表紙に一花と多丸が2人で回っていた事を口にしてしまい、亮に絡まれるのだった。

 

 

修学旅行のお土産を渡そうと亮に連絡を取った一花は、なぜかそのまま2人で映画を見る事になった。
ふと腕をつかまれた時に、修学旅行と多丸に掴まれた事を思い出した一花。
慣れていないのが分かる多丸の手と余裕のある亮の対応を比べてしまった事を最低だと一花は感じる。
そしてさりげない気遣いを見せる亮に、デート慣れを感じた一花はもっと大人っぽい服を着てくればよかったと考えた。

そして亮は、修学旅行での多丸との件を聞くに聞けずに悶々としており、2人そろってどこか上の空になるのだった。

 

 

一花の家に泊まる理緒を車で送った亮。
プリンを差し入れし、百合の花を一花の母・百合子に贈る。

そして亮は修学旅行での多丸との話を聞くのは止めようと決めながら会社に向かった。

自分の女々しさに腹が立ってくるし
悩んでる時間を
一花さんが喜ぶことを
考える時間にしたほうがいい

ただでさえ
会いたくても
なかなか会えないんだから
会った時に心に何か
抱えてるのはもったいない

 

まあ一花さんと多丸の間に
明らかに何かあったら
それなりに対処するけどな・・・

一方で夕飯の支度を手伝う一花と理緒は亮の話をする。

半年前まではほぼ借りてるタワーマンションの方に帰っていたという亮。
けれど今は理緒から一花情報を仕入れるため、そして父が単身赴任中のためだいぶ実家に帰ってきてるという。
相性が悪く仲が悪いと言う兄と父。
昔から兄に厳しかった父と顔を合わさないように部屋を借りたんだろうと理緒は言う。

そして何故か一花のドジ話で理緒と百合子が盛り上がるのだった。

 

 

打合せが早く終わり、休憩してから会社にもどろうと喫茶店に入った松島。
そこで熱心にノーパソを見つめる亮を見つける。
声をかけた松島に亮は、来期のアニメのオススメを尋ねるのだった。

松島と一花の好みの傾向が似ていると仮定し、一花の見るアニメの山を張ろうとする亮。

そんな亮の打算的な考えを知らず、意外な亮の一面に笑った松島はオススメアニメを教える。
そしてふと、亮にベタぼれの彼女がいるという噂を思い出した。
亮にアニメの影響を与えたのがその彼女じゃないかと思った松島は真相を確認しようとするが、その前に会社から連絡が来てしまう。
戻る直前、来週金曜日の同期の飲みに亮を誘うのだった。

せっかく亮が同期の飲み会に参加したのに、なかなか彼女の話を聞くタイミングをつかめないでいた松島。
一次会が終わった際、近くに行ってみたいバーがあると亮を誘う。
そこで教師の彼女の噂は本当かと単刀直入に尋ねた。

それに対し、そんな彼女はいないが片想いの相手はいると亮は言う。

アニメについて話すときの雰囲気とかが似ていると言われた松島は、片想いで似てるなら可能性あるって思い頑張る決心をするのだった。

そして「片想いなんだよね」と確認をされた亮。
帰り道で急に声が聞きたくなったと一花に電話をするのだった。

 

 

感想

後ろ姿からして益田さんじゃん!
気付いてあげて!!背中で!!!

そして友人にライバルが出てきたことを面白がる益田さん。
レモンスカッシュな気持ちとか、なんか毎回表現が・・・。

23話の扉絵が好き。
益田さん蝶ネクタイが妙に似合うね。
逆にネクタイとか似合わなさそう。

高校時代の話でそこそこイケメンだったクラスメイトが何か丸くなってる・・・。
まあ、亮と益田さんが全然変わってないっていうのはすごく分かる。

さりげなく映画デートに持ち込む亮さんwww
もうさりげないのかさえもよく分かんないけれど!

あーんチャレンジはそりゃ失敗すると思うよ。
っていうか、無理でしょう。
ずっとポップコーン食べっぱなしなのも、きっと手を握られないためだと思う。
しかし、ポップコーン2つはお腹いっぱいいっぱいになりそう・・・。

兄妹そろって一花ママを名前呼びするとかなんなんwww

理緒ってちょっと神経質なとこあるかなーって思ってたケド意外とそうでもなかった。
布団入って3分で寝るとか。。

亮の借りてるタワーマンションは今どうなってるんだろう?
借りっぱなし?それだとけっこうもったいない気も・・・。
女の人連れ込むためにって妹にばっちりバレてるけどそれはいいのかな??
そして生ハムで薔薇が作れるのはとても器用だと思う。
兄妹そろって料理も上手いんだろうなー

しかし父との確執とかそういう話も気になるなー

松島さんも不憫というか不毛な恋というか・・・。
一花はまだ自分の気持ちに自覚もないし、押せ押せでいけば(多丸君には難しいだろうけど)なんとかなる可能せいもありそうだけど
松島さんの方は完全ムリゲーすぎて・・・。

雰囲気が似てるって言っても、そういう雰囲気の人だから一花を好きになったんじゃなくて
好きになった『一花』を好きになって、たまたまそういう雰囲気だったってだけだから
亮が一花ちゃんに想いを馳せる呼び水にしかならなさそう。。

番外編見て思ったんだけど、天草パパは社長かなにかなの?
そして幼い一花と亮に接点あったー!!!
ってか、優しいな亮君!!
軽く不良っぽい感じ入ってるのかと思ったけどそうでもなかった!
でもちょっと女ったらしの片鱗あるかも?

そして天草キラーの片鱗も見せる幼き一花。

はやく自覚してくっつけばいいのにね!

 

猫成分

☆☆☆☆☆

(´・ω・`)

 

 

 

 

 

次巻はこちら

→ 一花の毒舌が少なくてちょっと物足りない気もする『恋と呼ぶには気持ち悪い5巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 恋と呼ぶには気持ち悪い5巻
  2. 恋と呼ぶには気持ち悪い3巻
  3. 恋と呼ぶには気持ち悪い2巻
  4. 恋と呼ぶには気持ち悪い6巻
  5. 恋と呼ぶには気持ち悪い1巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク