ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

変態な所も全て計算という可能性もあるのかなと思ってしまう『この男は人生最大の過ちです1巻』ネタバレと感想

この男は人生最大の過ちです1巻

恋するソワレ(ソルマーレ編集部)で連載中の『この男は人生最大の過ちです』。作者は久瀬しきさん。

イケメン天才社長に惚れられたけれど、その社長はただの変態だった!?
罵っても何をしても全く効果のない社長と、どうにか縁を切りたいと願う唯。
けれど変態の奥に見え隠れする社長の表情に少しずつ絆されて・・・。
唯が変態から逃げきれるのか捕まってしまうのか、大変気になるラブコメディ。

 

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

愛犬を亡くしやけ酒をする唯は隣の男にイヤミを言われる。キレた唯はわざとその男を転ばせてしまうがなんとその相手は自社の社長だった。翌日社長室に呼ばれてクビを覚悟する唯は「奴隷にしてください」と告げられた

 

登場人物

佐藤 唯(さとう ゆい)

  • 天城製薬、経理2課所属
  • 誕生日は12月25日
  • 亡き愛犬の名前はショコラ

天城 恭一(あまぎ きょういち)

  • 天城製作社長
  • 変態
  • 唯の奴隷になりたい

名取 蒼(なとり)

  • 社長秘書
  • 女好き
  • 何を考えて居るのかよく分からない

石川さん

  • 唯の会社の先輩
  • 唯と社長が付き合ってると思ってる

 

詳細あらすじ

高校、大学、就職してからもずっと一緒にいた愛犬を亡くした唯。

やけ酒をし、自社のどの薬も効かなかった事で研究員に対する愚痴を言い、生き返る薬を開発してくれとくだを巻いていた。
そこに、隣の席の男が声をかける。

そんなもの
無理に決まってるでしょう

それより
手っ取り早い薬
お教えしましょうか?

あなたが過剰摂取すれば
すぐうにでも
その犬に会える薬ならいくらでもありますよ

それが嫌ならその悪そうな頭を治す薬でも飲んで
しぬまで大人しくしていてください

とにかく一度死んだ者はもう
戻ってはこないのですから

そういう無駄吠えは
家で一人でやっていただけません?

その言葉にキレた唯は、立ち上がろうとした男に足を引っかけてこかせ、「ごめーん。わざとでーす」と言いおいて店を出るのだった。

沸点に達すると見境を無くす癖のある唯は、店を出てからやりぎたと反省をする。

 

そうして、翌日。
自分が足を引っかけた男が自社の若き天才社長で、ある事を知る。
しかも社長が自分を探している事を知り、クビも覚悟をする唯。

けれど、社長室に呼び出されて告げられたのは「僕を奴隷にしてください」という言葉だった。

これからは僕を
佐藤さんの犬にしていただきたいのです

昨日は完全に僕が悪かったです
申しわけございませんでした・・・

僕は

今までの人生
あんな扱いされたことなんてなかったから

あの瞬間

僕は
あなたに
恋をしました

 

まったく言われていることが理解できない唯だが、しつこく言い寄られてまたキレてしまう。

社長の手を払い、胸倉をつかんで「バカにしてる?」と問う唯に、むしろバカにしてくださいと言い寄る社長。

光悦としたその表情に唯は、厄介な人に好かれたっぽいと気付くのだった。

 

 

翌日、社長に第一研究所まで連れていかれた唯は社長を含め研究員全員から頭を下げられる。

我々の力不足で
佐藤さんの大切な愛犬を救えず
大変 申し訳ありませんでした

佐藤さんの愛犬の病状
詳しくお教えいただけませんか

その治療薬を是非開発したいので

スケジュールに余裕がないという研究員を黙らせて開発に取り掛かる社長。
熱心な研究員たちを前に唯は逆に申し訳ない気持ちになる。

それと同時に、皆が日夜研究しているのも知らずに軽々しく愚痴った事を謝った。

・・・やめてください

これは我々の責任です

ただ
生き返らせる薬だけは
どうしてもできなくて
全く不甲斐ないのですが

せめて

佐藤さんのような思いをする方が

この先いなくなるよう
ぜったいにしますから

その言葉にときめきかける唯だった。

 

けれど、社長自らが会いに行ったというので社内で噂の的になった唯。
自分を送ろうと迎えに来た社長を拒否しようとすると、社長は土下座までしようとしてしまう。

自分の日常を乱されることにイライラした唯は、社長に一つ命令をする。

今後一切
私に近付かないでください

ちゃんと守ってくださいね

約束ですよ!

 

そうは言った物の守られることがないと思っていた約束。
けれど社長はきっちりその約束を守り、唯に近付く事は無くなってしまった。

 

そうして戻って来た唯の日常。

そして訪れる一人ぼっちのクリスマス(誕生日)。

いつも一緒にいてくれた愛犬・ショコラは今年はおらず、自分は誰の大切な人でもないんだなと泣きそうになる唯。
明●家サンタで話される電話の内容で、自分のマンションの前に社長が居る事を知った。

この寒空の下に車外。
しかも5時間も待っていると聞いた唯は、アレはただのストーカー。
関わる義理は無いと寝ようとする。

けれど、パトカーのサイレンがなった為に確認をすると、社長が職務質問を受けていた。
行くか放置かで一瞬悩んだものの、自社の社長がストーカー容疑で捕まるのはヤバいと考えて助けに行く。

唯は警察に彼氏だと説明して帰ってもらった。

怒る唯にクラッカーを鳴らした社長は、誕生日おめでとうございますと伝える。

毎年一緒だった
ご愛犬を亡くし

今日佐藤さんがもしお一人で
寂しい思いをされていたらと思うと

例えあなたに会えなくても
あなたを想う人間はここにいるからと

つい

来てしまいました

けれど命令を無視してしまった事を詫びる社長に、私の気持ちを考えてくれたから割と嬉しいかもと唯は言う。
そんな唯にプレゼントだと社長が渡したのはブラックカードだった。

 

 

クリスマスからはや3日。
佐藤は石川から同業との飲み会に誘われていた。
なんでも、塩谷化学の人がどうしても佐藤を連れてきてほしいとしつこく言われていると言う。

元カレがいたら気まずいって思いながら参加した飲みかいは知っている人が誰もいなかった。
かわいい子がいると聞いて会ってみたかったという言葉を胡散臭いと感じた唯は、同じ店に社長も潜んでいる事に気付く。

会社の監視カメラを見て来たと言う社長に、こちらのテーブルに乗り込んだりしないでと唯は釘を刺す。

けれど男性陣が煙草で席を外した際に、社長の姿も消えていることに気付いた唯。
絶対にどこかにいる踏んで、自身もお手洗いと告げて席を立った。

そして喫煙所の傍を通った際、男性陣達が唯が天城製薬の社長に近い事を知って今回の飲み会がセッティングされた事を知る。
しかも逆ハニートラップを仕掛けようとしているの聞き、壁を蹴飛ばした唯。


頭悪い人
タイプじゃないんで

そんな浅い作戦しかたてられない人達が
データ入手したところで
もてあますだけでしょ

凡人はせめて
大人しくしててくださいよ

たくさんの命を救えるのは
社長しかいないんだから

逃げるように帰っていく塩谷製薬の男たち。
そのまま飲み会はお開きとなるが、朝からの体調不良がたたり唯はふらついてしまう。
そこに現れた社長が責任をもって送ると申し出た。

 

抵抗する唯だったがそのまま意識を失い、次に目覚めたのは社長の家だった。
どうにか逃げ出そうとするが体調も回復していない為、大人しくすることにした唯。

ふと、社長が経済番組に出ていた事を思い出し、いつも忘れそうになるけどすごい方なんですよねと言う。
それに対して、社長はやめてくださいと唯の言葉を否定した。

好きでやっているだけです
称賛されるためではありません

そもそも

僕は本来
褒められるような
人間ではないんです

なのに
不遜な態度すら誰にも咎められない
でも
あなたは違った
本当の僕を見てくれた

だからせめて
あなただけは僕を誉めないで───・・・

 

それを聞いた唯はチャンスだと思い社長を誉めまくるが、裏目に出てしまう。

唯がトイレに立ち、戻って来た時に社長は椅子に座ったまま眠ってしまっていた。

かけたままの眼鏡を外そうと唯が近寄ると、そのまま引き寄せられてキスされてしまう。

寝ぼけたままの社長に怒った唯は、その唇を思いっきり噛み家を飛び出すのだった。

そして残された社長は唇に滲んだ血を拭いながら独り言ちる。

・・・ま

寝たふりだったんですけど

ちょっとは効きましたかね?

 

 

年末年始の大掃除。
社長の職権乱用により、社長室の清掃を割り当てられてしまった唯。

こうしないと会えないと思った、掃除は不要だという社長は唯にパーティーの招待状を渡す。

元旦に社長の誕生日パーティーがあるのだと言う。

唯はその誘いを「無理」の一言で一蹴し社長室を飛び出し、次席に戻って招待状も捨ててしまおうとした。

そこに、社長秘書の名取蒼が現れる。
元々接待などの付き合いの悪い社長が更に悪くなったのは唯のせいだという名取。

名取は唯に社長とちゃんとくっついて仕事をするように焚きつけるか、もう一切関わらないで欲しいと言う。

それに対して食い気味に「関わらない方で」と返答する。

そうして、名取の全面協力のもと社長を切ることになった唯。

これで少しは状況がましになるはずだと思っていた。

 

けれど、元旦早々に実家に現れた名取。

どうしても今日唯を連れてこないと、来週の接待ゴルフに行かないと社長がごねたと言う。
今回だけは会社のためにとパーティーに出席することを決めた唯だった。

パーティー会場でつくづく住む世界が違うと実感した唯。
社長の周りに代わる代わる近づく女性達にイライラし始める。

そこに社長の父親である会長が現れた。

名取の彼女に勘違いされた所に社長が現れ「僕の大切な女性です」と言い切ってしまう。

しかもそのまま自身の紹介が始まり、唯は慌てて言葉を挟む。

いえ!
私と社長は全くなんでもありません!
私はたたの一平社員で
社長とは本当

こんなに・・・
住む世界だって違いますしっ・・・

・・・何より・・・

何よりっ・・・

心の底から
気持ち悪いんでっ・・・

思わず口走ってしまった言葉にやらかしたと思う唯だが、予想に反して会長は好印象を持った様子で去っていくのだった。

結局バタバタした状況のまま帰る事になった唯は、社長に誕生日のお祝いを伝えれなかった事を気にする。

 

言う必要がないという思いと、自分の時は祝って貰ったという思いに挟まれる唯。
社長を切ると決めたものの、自分がパーティーに行った事をすごく嬉しいと言った社長を思い出し、
ワンコールだけなら、と思いながら電話することにするのだった。

 

 

感想

もう、社長が変態過ぎて楽しい!

っていうか、唯って別にもともとは叱ってないよね?
足引っ掛けてこかしただけだよね?
いつのまにか叱ってくれた大切な人になっちゃってるケド大丈夫??

まあその後の奴隷にしてくださいって言ったときとかに怒られたからそういう所かな?

なんかもう社長の変態っぷりというか奇行に目が行き過ぎてなかなか話が入ってこない時もありますが・・・。

とりあえず、SMクラブとか行くのって聞かれて「変態じゃあるまいし」ってさも嫌そうに言う社長がなんとも言えない。

社長のお父さんがすっごい朗らかっぽい人だったけど、裏表が激しい人だったりするんだろうか?
褒められるような人間じゃないっていうのは一体何があったのか。
父と顔は似てるっぽいから血縁は血縁だよねー。

小さい頃になにかあったのかな?

そして普段はドMの変態っぽさは前回なのに、キスした後とかちょっとS気がありそうな顔がたまらない。
唯ちゃんはいつ素直に受け入れるのか。

とりあえず、何を考えてるのかよくわかんない名取君と。
ちょっと胡散臭さも混じるお父さんの今後の動きが気になる所。

 

猫成分

☆☆☆☆☆

社長の部屋とかにいてもんいいんですよ

 

 

 

 

次巻はこちら

→ 全然ブレない名取さんがさすがだった『この男は人生最大の過ちです2巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. となりの怪物くん
  2. カカオ79%1巻
  3. フルーツバスケット
  4. スキップ・ビート
  5. 高嶺と花
  6. ちはやふる

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク