ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

林間学校の間にずっとシチューを煮込む黒子さんが可愛い『王子様なんていらない3巻』ネタバレと感想

王子様なんていらない3巻

王子様なんていらない3巻 の表紙は向き合う琴子と伊誓。
相変わらず幼なじみで婚約者の立場から進展しない2人。

「普通」でいたい琴子なのに、特クラに囲まれた林間学校で予想外の人と友達になってしまう。
果たして平凡な学生生活は守られるのか。

 

シリーズ全体のあらすじはこちら → 『王子様なんていらない』のあらすじ紹介

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

林間学校を楽しみにしていた琴子だったが自分以外の全員が特待クラスになってしまい落ち込む。しかも同じ班になった特クラの桜庭に何故か嫌味を言われる。そしてその桜庭はなにやら天宮に伊誓を推しているようだった

 

新たな登場人物

桜庭 周(さくばら あまね)

  • 特待クラス
  • 琴子と伊誓の仲を気にする
  • 以前に雨宮と付き合っていた

神原 陸(かんばら りく)

  • 特待クラスB組
  • 口が悪い
  • 常に勉強している

 

詳細あらすじ

琴子が楽しみにしていた林間学校。
けれど、自分以外の班員が全員特クラであることに気おくれする。

また、同じ班になった特待クラスの桜庭周は、琴子と伊誓の仲がいい事を疑っているようだった。
伊誓の友達だという桜庭。
けれど事ある毎に琴子に絡み、ニコニコ笑いながら琴子が何もできない事を指摘する。

そして、

特別な奴らは
特別なもの同士が
お似合いだと思ってるだけ
西園には
ほら
天宮さんとか

その言葉に動揺したのは、琴子ではなく近くで聞いていた天宮だった。

一方、伊誓と同じ班になった寺田。
同じ班の特クラの女子、神原に一瞬琴子の姿を重ねるが、口と態度の悪さにその考えを改める。
また神原自身は、伊誓に対して一方的にライバル視しているようだった。

夜、暗闇の中に光ものを見つけて部屋を抜け出した琴子は、スマホを使っていた伊誓に遭遇する。
琴子が居ないと疲れると琴子の手を握る伊誓。
そんな時、近くの木の陰で言い争う声がする。

そこに居たのは天宮の桜庭だった。

俺じゃなくて西園にしろという桜庭に対して、好きなのはあっちゃんだけという天宮。
俺じゃ釣り合わない、もう終わった話だと一方的に話して去っていく桜庭。
残されて泣きじゃくる天宮を見かねた琴子は慰めに行こうとするが、足を滑らせてしまう。
伊誓が助けたためにこけずには済んだが一緒にいるトコを見られた2人。

同じ班でありながら琴子の事が分かっていない天宮に対して伊誓は「さっきのは見なかったことにするからそっともそうしてくれると助かる」というのだった。
天宮自身も別に興味ないといって去って行ってしまう。

桜庭自身も特クラなんだから釣り合わないと思わないと言う琴子。
対して、努力して学年一位の自分より、何もせずに二位の天宮の方が頭がいいという伊誓は、いろいろあるんじゃないと話を括った。

突然の大雨でキャンプファイヤーが中止になった翌日。
朝早く目覚めた琴子は、ぬかるみの中で探し物をする天宮の姿を目撃する。

水たまりにハマりながら、桜庭からもらったという指輪を探す姿を見た琴子は一緒に探すことにする。

2人で探せば早くみつかるかもという琴子に天宮は事情を話し出す。

中学の時に付き合ってたの
短い間だったけど
でも突然別れるって言われて
あっちゃん
志望校も変えちゃうし
追いかけて同じ学校にはいったけど
まともに話してもらえなくて
学校では他人のフリ
ヒドイでしょ!?
付き合ってたのに!
今でも私は好きなのに!

その言葉が自身にも刺さる琴子。
桜庭くんも気を遣ってるとかと、自己弁護に近い言葉でフォローする。

琴子のような普通の女の子になりたかったという天宮。
「釣り合わない」って自分の事を考えて言ってくれたのかもしれないけれど、誰にどう見られたっていいから好きな人と一緒にいたいという。

対して、天宮のようになりたかったと思う琴子は、そんな事は「普通の人」は言えないと思ってしまう。

けれど指輪が見つかった事に安堵して泣きじゃくる天宮の姿を見た琴子は、目の前にいるのは普通の女の子だと感じるのだった。

自分のような一般人に天宮の事は分からないが、桜庭が好きな気持ちは伝わったという琴子に応援してくれると天宮は頼むのだった。

そんな2人を隠れてみていた伊誓と桜庭。

俺は
特待クラスに入るのもすごく苦労する
普通の人間なんだよ
なんでも簡単にこなす
あいつや西園とは
まるで違うんだって分かってるんだよ
努力したって
少し出来のいい凡人になるだけだ
特別な奴らとは
根本が違うんだよ

そんな桜庭の言葉に、特別とか普通とか考えてる余裕はないという伊誓だったが、それこそが「特別」だから言えることだと桜庭は思うのだった。

天宮の件で、自分の事ばっかりで伊誓の気持ちを考えて居なかったと気づいた琴子。
学校で頼んのフリなどしてイヤな思いをさせてたかもと謝る琴子に、琴子が楽しいならそれでいいという伊誓。

琴子が好きだからできる事を全部しているだけだというのだった。

翌日、教室まで琴子を訪ねてきた天宮は応援してくれるって言ったわよねと、琴子の手を握る。
有名な天宮の出現に周りの目を恐れた琴子はどうにか断ろうとするが結局押し切られてしまう。

昼休みに、桜庭にカンペキにフラれた事を相談する天宮。
けれど恋愛した事もないので恋愛相談は向いていないと琴子は言う。

てっきり伊誓と付き合っていると思っていた天宮はそれを指摘が、付き合っているのを否定する琴子。

婚約はしていて嫌いではないが恋愛とは別モノと思っていた琴子。
けれど、伊誓が言う「好き」と自分が思う「好き」が違うものじゃないかと気づく。

そして、伊誓の顔をまともに見れなくなった琴子は伊誓を避け始める。
何で避けてるのかと聞く伊誓から逃げようとする琴子。

原因を話してくれれば俺がなんとかすると伊誓は言う。

けれど

そんなの
私にも分からないよ!!
私だってこんなのイヤだよ!!
なんとかできるって言うなら
早くなんとかしてよ!!

そう琴子は言い放って部屋に閉じこもるのだった。

翌日イライラしている伊誓に勉強の質問をする桜庭。
伊誓は教えるのがうまいという桜庭に、分からない場所を本人が分かってるなら簡単と伊誓は言う。

対して図書室で一人勉強するが一向に進まない琴子の前に天宮が現れる。
学年二位の天宮に教えを乞う琴子だったが、天宮の説明は一向に分からなった。

・・・あっちゃんにも
全然上手に教えてあげられなかったのよね
多分「分からない」って気持ちが
分からないのよ
・・・こんなだから
あっちゃんも
イヤになっちゃったのかしら・・・

そう天宮は寂しそうに笑う。
伊誓も同じじゃないのかと尋ねられた琴子だった。
けれど、いつも分かりやすく教えてくれる伊誓に、その違いを琴子は考える。

そしていつも琴子の「分からない」をちゃんと聞いてくれていた事に気づく。

相手の気持ちを
分かろうとしているからかも

琴子のその言葉に、気持ちなんて分かろうとして分かるものなのかと思う天宮。
同時に、桜庭の気持ちをちゃんと考えていたのかと思うのだった。

そして天宮は少しだけ聞いて欲しいと桜庭を呼び止める。

私ね
昔に戻ることばっかり考えて
今の
あなたの気持ちを考えていなかった
だから・・・
考えたんだけど
でも
分からなかった

だから

もう一回あなたに
片想いするわ
これからも
諦めない
ずっとすきだもの

それを聞いた桜庭は頬を染めながら「なんで・・・終わらせてくれないんだよ」とつぶやくのだった。

夜、避けた事を伊誓に謝る琴子は、自分でもよく分からないがちゃんと話したいと伝える。

琴子の話を聞いた伊誓は、「恥ずかしかったの?」とまとめ、琴子もそれに納得するのだった。
避けられていた理由がそれだけと聞き緊張が解けた伊誓は、俺に好きと言われるのはイヤかと琴子に尋ねる。
イヤじゃないという琴子の返事に嬉しそうに笑って「好きだよ」と伝た伊誓。
不安で寝不足だった伊誓は、そのまま眠りに落ちるのだった。

 

感想

何も考えずに、泣いてる天宮さんに駆け寄ろうとしたり、指輪をいっしょに探したり。
琴子のその行動力はとても優しくて尊いものなんだと思う。

けれど伊誓に関してはちょいちょい残酷というか。
中身がかなり子供っぽいから仕方がないのか・・・。

普通になりたい天宮と、天宮の様になりたい琴子。
天宮の言葉にそれは「普通の」は言えないと思う女子2人。

そして特別とか普通とか考えている余裕はないという伊誓に対して、「特別」だから言えることと反発する桜庭。

普通とか特別とか線を引いて距離を取る相手を、必死で追いかけるからそんな事考える余裕がないんだろうから「特別」とか関係ない気はするかな。
「普通」サイドはどうしても釣り合わないとかそういうのを気にして、気にし過ぎて余計に線を

黒子特製じっくりコトコト煮込んだビーフシチュー食べたいなー。
旅行中ずっと煮込んでたの?
ってか2人がいない時のご飯とかどうしてるんだろ??
ホントカワイイ人だよなー。

そして、天宮に気に入られた琴子。
もう、伊誓いなくても意味なくなるよ!
他人のフリとか無意味!!って言いたいトコだけど、天宮さんの友達と伊誓の婚約者じゃ注目度はかなり違いそうだな。

隠してるとしてもバレバレと言われて「人前では気を付けよう」って思う伊誓だけど、隠さないといけない場面で人前で琴子と話すことってそうそうないと思う。
もうそれってバレてしまった後じゃないかな。
多分気をつける時はずっと来ないきがする。

そして琴子とはまた話したいとか琴子は災難だな。
目立つルートしか待ってない。

しかし琴子の逆ギレの仕方はちょっとヒドイ。
そういえば伊誓がここまで琴子好きなのは何があったんだろう?
子供時代の回想も好きな状態から始まってる気が・・・?

空気の悪い2人にたじろぐ黒子さんもいいな。
個人的にこの漫画の一番の楽しみは黒子さんだったりします。

伊誓が教えるのがうまいのは、琴子を相手にしてたのが大きいと思う。

分からない人と、分からないが分からない人の間の溝ってすごいよね。
ホント親にケータイの機能を説明するのとか意味わからない。

琴子の考えとか行動はどうかなと思う事はおおいけれど、いろいろ影響は与えていくんだろうなー。

そして個人のスキルとしての「特別」「普通」以外に、桜庭と天宮さんも結構身分差あったりして?
天宮さんお嬢様らしいし、桜庭は弟が寝てる部屋で勉強してたし。
・・・家から圧力とかなんかあった?考えすぎかな??

伊誓の体調を心配してオロオロする黒子さん。
内密にとかいいながら結構いろいろ琴子に暴露するよね。
しっかし、目が見えないのにホント表情豊かな人だよなー。

4巻ではもっといっぱい出てきてほしい!!

 

猫成分

☆☆☆☆☆

黒子さんと猫とかいい組み合わせだと思うのに

 

 

 

 

次巻はこちら

→ 夏のビーチでもいつも通り長袖にベストの黒子さんがスゴイ『王子様なんていらない4巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 王子様なんていらない
  2. 王子様なんていらない6巻
  3. 王子様なんていらない5巻
  4. 王子様なんていらない4巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク