ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

希夏帆の年齢が大変気になる『の、ような。1巻』ネタバレと感想

の、ような。1巻

ラバコ(芳文社)で連載中の『の、ような。』。作者は麻生海さん。

ある日突然、人生が変わる。
独身だった希夏帆の元にやってきた恋人と親を亡くしたばかりの2人の少年。
戸惑い遠慮しながらも少しずつ歩み寄っていく新しい家族の物語。


以下ネタバレあり

簡単あらすじ

一人暮らしのきなほの元に、恋人の愁人が2人の少年を連れてくる。中学生の冬真と5歳の春陽は事故で両親を亡くしたばかりだった。慣れない環境に戸惑いながらも家族ではない4人が新たな関係を築きながら暮らす日々

主な登場人物

高山 希夏帆(たかやま きなほ)

  • 小説家
  • 口が悪い
  • 年齢不明

深雪 冬真(みゆき とうま)

  • 春陽の兄
  • 14歳・中学生
  • 遠慮がち

深雪 春陽(みゆき はるひ)

  • 冬真の弟
  • 5歳
  • 自分がカワイイと自覚がある

愁人(あきと)

  • 希夏帆の恋人
  • 空気が読めない
  • 弟は料理人

その他の登場人物

陸(りく)

  • 春陽の友達
  • 同じ幼稚園

美加子(みかこ)

  • 陸の母
  • シングルマザー

有里花(ゆりか)

  • 自分の事を「有里花ちゃん」という
  • 自分が世界一カワイイと思っている

カズ

  • 春陽の友達
  • 同じ幼稚園

野島(のじま)

  • カズの母親

佐藤(さとう)

  • 希夏帆の担当

詳細あらすじ

小説家の高山希夏帆は、30過ぎて購入したマンションで一人暮らしをしていた。
書くのが遅い上に人がいると駄目な希夏帆は、〆切り近くや忙しい時は来ないように恋人の愁人に言ってあった。

けれどある日、愁人は〆切り近くに希夏帆の元を訪れた。
2人の子供を連れて──。

いとこのお姉さん夫婦の葬儀に行っていた愁人。
そこには残された子供たち、冬真と春陽がいた。
残された二人を押し付けあうようにダメな理由を言い合う、血縁の身内達の姿を見てつい連れて帰って来たと言う。

断られないの分かって連れて来たのはムカつくと言いながらも、希夏帆は2人を受け入れる。

そして自分も一緒に住むと言う愁人も受け入れながらも希夏帆は結婚はしないと釘を刺すのだった。

淡々と家の説明をする希夏帆に、幼い春陽は新しいお父さんとお母さんなのと問いかける。

ちがうよ

春陽くんの
お父さんとお母さんは
もういないけど
代わりはいないよ

お父さんお母さんじゃないけど
春陽くんたちと一緒にいていいかな?

これから毎日ここで
ご飯したり
さっきみたいにお風呂したり
寝たりするの

どうかな?
いいかな?

静かに語りかける希夏帆の言葉に、春陽はいいよと返すのだった。

けれど、両親が亡くなったというだけにしては大人しすぎる冬真と春陽。

感情を抑えてこっちの感情に合わせてる2人に悪いと感じる希夏帆。
転園、転校の準備で慌ただしくしながら、少しずつ慣れてきた休日。

突然に兄の冬真が倒れた。

重い病気だったらと不安がる希夏帆だったが、結果は恥ずかしくてトイレを我慢した末の便秘だった。

けれどそこをきっかけに、とりあえずの一歩だけ、歩み寄れたのだった。

自分の子供を育てたことも無いのに始まった子供のいる生活。
両親をいきなり失って淋しかったり辛かったりするだろうに、そういうのを全くださない子供たち。
今まで家の手伝いをしてこなかったのに、気を使って手伝いもしてくれる。
そんな2人に、望む味付けの料理を出せないことを希夏帆は気にしていた。

最後の遺品整理に同行した希夏帆は、家にあった調味料をメモったり残されたスマホの中身の確認をする。
そして取材旅行があると数日家を空けるのだった。

取材旅行から希夏帆が帰って来た日、希夏帆が作ったビーフシチューは冬真達の母と同じ味がした。
もう食べられないと思っていた味に冬真は涙を流す。

冬真達の母がとくに料理学校に行ってなかった事から、家の味をある程度受け継いでると思った希夏帆。
取材旅行と嘘をついて、母方の祖母の所で料理を教わって来たのだと言う。

それでも似せて作るメニューは少しなので、覚えている味を大事にするよう伝えるのだった。

ある日、冬真の担任の先生から呼び出された希夏帆。
基本的には部活動に入る決まりになっているが、転入してきて数か月経った今も冬真は部活に入っていなかった。
冬真が家の手伝いをしたいので部活を希望しないという為、部活が出来ないような家庭事情があるのかという内容だった。

家事を手伝ってもらえたら楽だけれど、なんとかするのが私たちの義務だと言う希夏帆。
元々はサッカーをやっていたがお金がかかると冬真は遠慮してしまう。
気にしないように言われ、もう少し考えさせて欲しいと冬真は言うのだった。

翌日、春陽が公園に遊びに行くのに付き合う希夏帆。
ジャングルジムのてっぺんに居る子・カズに、飛べとはやし立てる子供たちに注意をする。

はやし立てていたグループのリーダー・有里花。
その母にも本気で怒ってコワイと希夏帆は笑われる。

ケガをさせる前に止めるのは
大人の仕事だし
そのためについき来てるんだ

本気で注意して何が悪い

ケガさせる方がよっぽど怖いわ

そして、春陽や陸、カズにも希夏帆は言う。

何かあっていじめられてると感じたら
助けを呼べ

「助けて」って言える事は大切な事だ

助けを呼ぶ事は恥ずかしい事じゃない

嫌な事やできない事はちゃんと断れ

要らん見栄を張るなら
自分の中で
どうしてもこれはゆずれないっっ

・・・ってものができた時にだけにしろ

今はよくわからないかもしれないけど

その方が男としてカッコイイ

冬真は料理部に入部を決めた。
まだまた遠慮が多い冬真。

家の事を気遣って決めたのかという希夏帆に、全くない訳じゃないけれどと冬真は言う。

友人に勧められたのと、愁人の弟の店に行った時に男が料理するのもいいかなと思ったという。

クリスマスが近づくある日、冬真と春陽へのプレゼントに頭を悩ませる希夏帆と愁人。
更に、幼稚園ではクリスマス会用のうさぎ耳を作る様に布と型紙を渡される。

裁縫に自身のない希夏帆は、同じく自身がない陸の母・美加子とカズの母・野島と共に一緒に作るのだった。

そして、クリスマスもみんなで持ち寄ってパーティーをする事を決めるのだった。

ツリーを飾り、いつもより賑やかなクリスマスはまぶしくて。
慣れない初めての事に戸惑いながらも、年末へと向かっていくのだった。

感想

『家族』の、ような。っていう意味のタイトルなんでしょうか?

表紙の絵に惹かれて読んでみたら面白かったです。

希夏帆ちゃんは歯に衣着せぬ言い方をするけれど、きちんと筋が通っていて相手の事を思う気持ちがあるっていうのが分かるから好きです。
サバサバしていていい感じ。

でも、とりあえず、冬真君が中学生に見えない・・・。
高校生に見えて仕方がなかったです。

そして愁人さんが超自由人すぎる・・・。

あと、問答無用で春陽君がカワイイ。将来が少々不安だけれども・・・(;´Д`)

幼稚園、朝は愁人さんが連れて行って、お迎えが希夏帆ちゃんじゃなかったっけ??
普通に2話目から希夏帆ちゃんが連れて行ってるし。。

愁人さんと弟さんと希夏帆ちゃんの間で何かあったんだろうか?
ってか愁人さんと弟さんは双子?

おきがえした春陽君が可愛すぎてやばかった。
そしてスカート姿にフリーズする兄www
目が死んでるwwww

カワイイと聞かれて絞り出したのが「似合ってる」って。
中学生の割にホント気が利くというっかなんていうか。

希夏帆ちゃんは昔何があったのか。。
中学の時ヤンチャだった?
希夏帆ちゃんも親との縁が薄かったりする??

子供が出来ないって事もあるのかなー?って思ったけど、中学の先生も絡むって事は・・・やっぱり家庭問題かな?
それとも苛めがあったのかな?とも思う。

希夏帆ちゃんの過去が気になるとともに、冬真君や春陽君がどんな成長をするのかが楽しみです。

しかし希夏帆ちゃんの言い方は、保護者間で禍の元にならないかが心配。

猫成分

★☆☆☆☆

実物はいないけれど随所に猫グッズが!春陽がもらったエプロン欲しい!!

次巻はこちら

→  希夏帆の風邪は大丈夫だったんだろうか『の、ような。2巻』ネタバレと感想

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. の、ような。2巻
  2. Lily lily rose1巻
  3. カカフカカ
  4. おとなりコンプレックス
  5. あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。1巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク