ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

千代ちゃんがいつも以上に物欲全開すぎる『月刊少女野崎くん10巻』ネタバレと感想

月刊少女野崎くん10巻

月刊少女野崎くん10巻 の表紙は旅行中の野崎と佐倉。
裏表紙で伸びてる女の子は瀬尾でいいのかな?
テストや修学旅行とイベント盛りだくさんの10巻。
ついに鹿島の秘密が堀にバレる時が来たが、まさかの展開が待っていた。

シリーズ全体のあらすじはこちら → 『月刊少女野崎くん』のあらすじ紹介

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

テスト期間も修学旅行も相変わらずネタ探しに奔走する野崎とそれに付き合う佐倉達。遼介は都の部屋で前野や野崎と遭遇し勘違いを更に加速させる。鹿島が必死に隠し続けていた秘密がついに堀にバレてしまったが・・?

 

詳細あらすじ

テスト期間とネーム期間が被った為、勉強会をしながらネタ探しをする野崎と佐倉、御子柴。
少女漫画ネタに乗じて佐倉は物欲を満たしていく。

 

理想の女も鹿島だと気づいた堀は、どうにかマイナス面を見つけて理想から遠ざけようとするが特に成果は無かった。
男女を意識して動揺する堀を見たい野崎は、鹿島とプールで鉢合わせるように仕込む。
野崎の企みに気づいた堀だったが、後輩の期待に応えようと「鹿島を特別扱いする演技」をするが思った通りにはならなかった。

 

都の忘れ物を家まで届けに行った遼介は、前野と鉢合わせした上に野崎まで現れてしまう。
都が野崎と前野に二股をかけてると勘違いした遼介に対し、漫画家であることがバレたと思った都達。
勘違いに勘違いを重ね、最終的には宮前が謎の流れ弾を食らうことになる。

 

修学旅行の班で班長になった佐倉は、自由行動の場所は野崎の予定に合わせようとする。
一方の野崎は、修学旅行でもネタ探しに奔走していた。

自由行動で班からはぐれた佐倉と野崎。
なんとか目的地に到着するも、2人もそれぞれ離れてしまう。
佐倉が迷子になった事を野崎はとても心配する。

いなくなるとすごく心配で、じっと見てると面白くて、手を引いて歩きたくなる感情を覚えた野崎。
けれど鹿島のせいでその感情は母性になってしまった。

 

修学旅行中、瀬尾がいないバスケ部はとても平和だった。
平和過ぎて部長は瀬尾が早く帰ってきてくれるよう願う。
そして、瀬尾のストレスから解放された若松はキラキラしていた。
いろいろあった結果、男にしか親切にしない一年男子が現れたと噂になってしまう。

 

毎月、プロの目線から漫画について自由に語るコーナーが回って来た野崎。
都に相談しながらまとめた結果はとてもひどかった為、番外編で京都のお菓子特集になってしまう。

 

堀に音痴がバレたんじゃないかと焦る鹿島は特訓のために御子柴を誘ってカラオケに行く。
けれど、カラオケの資料撮影に訪れた野崎、佐倉、堀と同じ部屋に入る事になってしまう。
何とか回避しようとする鹿島だったが、最終的に堀の前で歌う事になる。
鹿島の歌声に悶絶する野崎達。その前で堀だけが平然と手拍子をしてタンバリンまで鳴らすのだった。

 

感想

勉強会で入違っちゃった!で文房具、教科書、辞書は分かるとして・・・ネクタイはどうだろう?
しかもネクタイとリボンだし、無理ありすぎ・・・って思ってたら普通に交換してるし。。
そして案外野崎のリボン姿に違和感がなかった不思議。
最後にはもとに戻ってたケド、ちゃっかりシャーペンをゲットしてる千代ちゃんはさすがだと思った。

90号の扉絵で「入る穴逆じゃね!!?」って突っ込み入ってるけど、2人とも女顔じゃないからどっちでも一緒だと思ってしまった。
ごめんよ、鹿島君。

全力で鹿島君を理想から遠ざけようとして失敗してる堀先輩www
もう諦めたらいいと思うよ。

そして後輩思い過ぎて笑える。
自分を動揺させて楽しもうとしてた相手の期待にわざわざ応えてあげなくてもいいと思うんだけど。
ついでに言えば、動揺する人の演技して騙されてくれたんだから、自身は無くさなくていいんじゃないかな?
そんだけ演技うまかったって事で・・・あれ?違う??

「鹿島を特別扱い」が難しい演技課題と認識する堀先輩。。
もう普段から十分特別扱いだと思うんだけどなぁ
っていうか互いに水着でくっつきあって全然平気な2人・・・。
ホント恋愛面での発展が期待できなさすぎる。

遼介さんもとことん報われなさすぎて笑う。
彼氏関係の誤解は解けたけど、そもそもの夜のお店で働いてるっていう誤解がそのままなのが行けない。
そしていきなり声をかけられた剣さんが不憫でならない。。。

結局、野崎の班に合わせる千代の友達たちは優しいと思う。
そして千代ちゃんは、野崎が持ってるものなら何でもいいって思ってるだけだから!
センスが死んでるなんて言わないであげて!!

しっかしお守りでかぶりを気にするとかなかなか斬新。
色で決めるのもなかなか斬新。
一番のツッコミ役の堀先輩が不在だともうホント自由だなぁ

あと、先生。
割と子供っぽいよなって感想の前に、女子の布団に男子が入ってるトコにツッコミいれようよ。
位置的に野崎の頭はあっちゃダメなトコにあったんじゃないの?って思うのは私だけだろうか・・・?

若松君もなんていうかツンデレっていうかなというか。。
必死で瀬尾の事を気にしないようにして抗いきれてない感じが初々しい。
堀先輩といい若松君といいどうしてそう全力で抗おうとするのか。
2人とももう諦めたらいいのにね。

Wマミコの無能感は半端ないね。
堀先輩と若松君が全力で抗ってるのに対して、そもそもの自覚が足りない少女漫画家・野崎よ。
そろそろ寄せられてる行為に気付いてみてもいいと思われる。
恋愛回路死んでる組と、全力抵抗組と、頑張ってアピールしてる組と。。
まともに噛み合ってカップル成立はありえるんだろうか・・・?

鹿島君より御子柴の方が堀先輩を理解してる感じが好き。
アイドルのページを眺めた後に鹿島君をチラ見する堀先輩。
堀先輩の現実的な内容が、本当に現実的過ぎてwwwww

そして野崎も少々音痴って事でいいのかな?
キラキラした目で次の曲を入れた堀先輩が、もう!
タンバリンまでもってそんなに楽しそうな堀先輩は初めて見たかもしれない。。
もう全員が悶絶する歌声を割と癖になるって・・・ホントどんだけ愛が深いのか。
それでも後5回ってところが何とも言えない。。
でもまあ、さすがに鹿島君の歌声を作業用BGMにするのはリスクが高いからやめた方がいいと思う。
それで作業能率上がるのは堀先輩だけだから。

 

猫成分

☆☆☆☆☆

今回はタヌキすら・・・

 

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 月刊少女野崎くん

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク