ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

伊織がちょっと報われそうなさらに不憫なような『オネエ男子、はじめます。3巻』ネタバレと感想

オネエ男子、はじめます。3巻

オネエ男子、はじめます。3巻 の表紙は男子が苦手な佑梨とザ・モブ顔の杏。

佑梨と一緒に体育祭の実行委員になり、普段の姿でも佑梨との距離が少し縮まった竜。
けれど、竜の女装の事を隠す為に話はどんどんややこしくなっていく3巻。

 

前巻のお話はこちら → 『オネエ男子、はじめます。2巻』のネタバレと感想

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

海に出かけた竜達。竜が居ない所で寅之輔達は佑梨と出会い、紆余曲折を経て寅之輔と耀市が付き合っていると誤魔化す。体育祭でウィッグ姿の竜を見た佑梨。思う所があり女装した竜にに付き合って欲しいと言うのだった

 

 

詳細あらすじ

好きな女の子が、自分が女装した姿に恋をしたらしい事に落ち込む竜。
このままでは悩むだけで夏休みが終わってしまうと、耀市は海に行く事を提案するのだった。

 

竜、寅之輔、耀市、伊織、杏の5人で訪れた海。
潜水対決をする竜と伊織を置いて残りの3人は海の家へと向かい、佑梨と遭遇してしまう。

寅之輔と杏が一緒に居ることから、動揺する佑梨。
寅之輔が「高橋さん」と付き合っているのかと尋ねる。

何を言っても納得しない佑梨に業を煮やした寅之輔は耀市と付き合っている事にして話を丸めたため、さらに話がややこしくなってしまった。

 

 

新学期、ヘアメイクの練習をする事になった竜達。
自分たちの髪では短すぎる為、杏を練習台にする事になる。

ツインテールが好きな耀市の練習には杏の髪が短いため、竜が好きな「おだんご」と伊織が好きな「ポニーテール」をそれぞれすることになった。

実際にセットしてみると、竜のおだんごよりも伊織のポニーテールの方が似合う杏。
伊織にも「可愛い」と言われた杏は、皆が帰ってからこっそりとポニーテールの練習をするのだった。

 

 

学校で偶然耀市を見かけた佑梨。
体育の後でジャージ姿だった事と、タオルを頭から被っていた事で耀市が男だとは気づかなかった。

そして話の中でうっかりと「高橋さん」の下の名前が「トオル」である事が佑梨にバレてしまう。

 

そこから同じ学年の「高橋トオル」を探す佑梨は、ふとしたきっかけで自分のクラスにも「高橋」が居る事に気付く。
ふと見たクラスメイトの高橋君の顔は、「高橋さん」の妹の杏にそっくりだった。

もしかしたら親戚かもと思い、クラス名簿を探す佑梨。

そこにある「高橋竜」の文字を「たかはしりゅう」と読んだため、結局「高橋トオル」にはたどり着かずに終わってしまう。

 

 

くじ引きの結果、体育祭実行委員に決まった竜と佑梨。

仲良くなるチャンスだが、男子が苦手な佑梨は目も合わせてくれないかもと悩む竜。
けれど、そんな竜の不安に反して佑梨は竜を凝視する。

知り合いの中学生の女の子の「高橋さん」に似てるから、つい見てしまったと謝る佑梨。
そこから少し打ち解け、カフェの話で話が弾む2人。

男の子は苦手だけど嫌いとかじゃないよ

それに高橋君
喫茶店とか詳しくて話しやすい

そう言う佑梨にオネエ修行を初めてよかったと感動する竜。
けれど、自分の女装姿である「高橋さん」と話すときより、明らかにテンションが低い佑梨の姿に己が強敵と再認識する竜だった。

 

体育祭当日、佑梨をお昼に誘うチャンスを作るためにお弁当作りをする竜達。

そこで寅之輔は竜に言う。

佑梨ちゃんの為にオネエ修行を始めた事
それは好きな子の為に努力した変化だから
どんなに変わろうと高橋自身だわ

でも「高橋さん」は”嘘の存在”だって事覚えといて

秘密や嘘は罪悪感を生んで苦しむか
相手を傷つけるだけよ

それは、極道の息子である事を隠し続ける寅之輔だからこその言葉。

けれど寅之輔のその言葉は、中学まではオネエを隠して「オネエ高校デビュー」をしたと竜たちに勘違いされるのだった。

 

 

体育祭当日、佑梨にいい所を見せたいとはりきるものの全く目立たない竜。
それなりに足は速いが、徒競走では運動神経抜群の耀市とあたり2位に終わってしまう。

それでも佑梨に凄いねと褒められ竜は喜ぶ。

1位だったのが幼なじみでさ
勝てた事ないんだ

昔からすっごい運動神経良くてさ
超自慢の友達

そう言って笑う竜に、「悔しいとかじゃないんだ」と佑梨は面食らった。

 

お昼休憩後、借り物競争で借りたのを演劇部に返して置いてと、ウィッグを被せられる竜。
ウィッグをつけた竜の姿に佑梨は驚くのだった。

 

 

女性&カップル限定のケーキバイキングに訪れた女装姿の竜と杏。
そこに偶然、寅之輔と女装姿の耀市。そして、佑梨達がそれぞれ訪れる。

「高橋さん」に会えた佑梨は喜び、2人だけで話したい事があると竜に言う。

もしかしたら正体がバレてる可能性もゼロじゃないと焦る竜の心配をよそに、ポツリと佑梨は話し出す。

高橋君・・・
って言うクラスの男子がいてね

名字もだけど見た目が杏ちゃんに凄く似てるの
でも体育祭の日は高橋さんを思い出したの

夏祭りの日に高橋さんに言ったよね
高橋さんといるとドキドキが止まらないって

ちょっと近い感覚があって・・・
その・・・
高橋君・・・に

だからちゃんと確かめたくて

高橋さん

私と付き合ってくれませんか

 

 

感想

もう皆いろいろと拗らせすぎだと思う。。
とりあえず、素で「私の方が美しい」って返せる寅之輔がスゴイ。

佑梨を納得させる為とは言え、耀市を彼女役にしてしまうとか。。
そして伊織に八つ当たりする杏ちゃん。

今回の伊織君、杏ちゃんから攻撃しかされてない気がするんだけど・・・・。
しかもスイーツバイキングは完全オイテケボリだし。。

とりあえず、高校生の男子が好奇心や遊んでやるネイルとはレベルが違いすぎて笑える。

あと、海ではまだマシな格好だったのに、体育祭の寅之輔はどこのおばちゃんだっていうレベルでwww

しかし佑梨ちゃんは、女装してない耀市の姿を見ても「せらちゃん」って気づかないのかな?
普段は男子苦手だし、視界に入ってないの?

でも竜の徒競走は見てたし・・・気づかないモノなのか。
まあ天然だし、まさか女装してたとは思わんかな?

でもきっと、一回も勝てた事がない幼なじみに対して「超自慢」って笑っていう竜の性格は、佑梨ちゃんも好きになってくれうと思う。多分。

女装しては問題についてはどう収集付けるかは分からないケド。

でも確認のために付き合う相手は、竜(男)じゃなくて高橋さん(女と思ってる)っていう選択をするってどうなの・・・。
男子苦手だし仕方が無いか・・・?

今後がどうなっていくのか大変気になるところ。

 

 

猫成分

☆☆☆☆☆

佑梨ちゃんも似合うのに飼ってないのかなー
 

 

 

 

次巻はこちら

→ ……coming soon……

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. オネエ男子、はじめます。1巻
  2. オネエ男子、はじめます。2巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク