ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

幼なじみ・親友以上恋人未満によるじれったい恋物語『おとなりコンプレックス』

おとなりコンプレックス

おとなりコンプレックスは クロフネ(リブレ出版)にて連載中。
2018年3月現在、2巻まで刊行。
作者は野々村朔さん。

お隣同士で同い年のあきらと真琴。
いつも一緒にいた二人はずっと一緒にいるのが自然で普通だった。
けれど、慌ただしく動く周りに影響されて距離感に悩み、少しずつ様子が変わっていく。

以下ネタバレあり

あらすじ紹介

長身で男顔の久慈あきら(♀)は、よく男と間違えられていた。
そんなあきらの隣にいつもいるのは二宮真琴(♂)。
女顔の真琴は母や姉によく女装をさせられているが、彼はその状況を楽しんでもいた。

3歳の頃からお隣同士でずっと一緒にいた2人はよく逆カップルに間違えられる。
あきら自身は男に間違えられることを気にしていなかったが、真琴はあきらが男に間違えられるのを気にしていた。

常に一緒にいる2人に、お互い恋人もできないよと友人から忠告を受けたりする。

そんな中、合コンで知り合った男性に真琴(女装バージョン)との仲を取り持って欲しいと言われたり、仲良くなった女の子に真琴(男バージョン)との仲を協力して欲しいと頼まれる真琴。

子供のころからずっとあきらを「女の子」として見てきた真琴。
男みたいと自分を卑下するあきらにずっと「そのままでいい」といい続けてきた真琴だったが、あきらは「幼なじみ」だからそう言ってくれてるのだと思っていた。

久々に会った同級生が、男っぽさの中に隠されたあきらの素のよさに気付いた事に焦った真琴はついあきらに告白してしまう。

「幼なじみ」としてしか考えた事も無かったあきらは混乱し、真琴を避ける様になるが、きちんと考えて答えを出すために話をしたいと言う。

いつから、どこが好きだったのか問うあきら。
1つずつ質問に答え、あきらが結論を出せるようにとりあえずデートをしようと真琴は提案するのだった。

登場人物

久慈 あきら(くじ あきら)

  • 大学一年♀
  • 身長172㎝
  • 男顔
  • 天然で鈍感

二宮 真琴(にのみや まこと)

  • 大学一年♂
  • 身長162㎝
  • 女顔
  • 女装を上手く利用して楽しむ

その他の登場人物

瀬尾♂

  • バレー好き
  • 元バレー部
  • あきらの友人

西久保 芙美(にしくぼ ふみ)

  • 真琴の中学の同級生
  • 真琴が好き

綾香(あやか)

  • あきらの友人
  • 真琴をあきら離れさそうとしている
  • 初対面であきらを痴漢扱いした

望美(のぞみ)

  • あきらの友人
  • 彼氏は園山くん

小川(おがわ)

  • オガ
  • 真琴の小中学校からの友達

岡崎(おかざき)

  • トモ
  • 真琴の小中学校からの友達

感想

逆転カップルで可愛い!
タイトルに「コンプレックス」って付くから、女顔なの気にしてるのかと思いきや完全に女装を楽しんでらっしゃる真琴さん。
あきらは少し男とみられる事にコンプレックスがあるようだけれど、そこまででもないような?

友達が互いに恋人出来ない!っていうけど、あんたたち付き合わないの?にはならないんだ!ってちょっと驚き。
あきらが完全に恋愛対象として見てないからかな?

あきらを守ろうとする真琴とそれに全く気づいていないあきらがカワイイ。
真琴が告白して、「本当なの?って聞かないのな」って言われて「真琴はそういう冗談言わないって私が一番わかってる」って返すあきらがすごくいい。

互いの信頼関係がすごい好き。

もうホント早く付き合えばいいのに。
っていって、真琴はともかくあきらの方が全然「恋愛」って感じじゃないから難しいのかな。
早く続きが読みたい!!

猫成分

☆☆☆☆☆

・・・(´・ω・`)

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. ヲタクに恋は難しい
  2. Landreaall
  3. 月刊少女野崎くん
  4. ボクラノキセキ
  5. あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。1巻
  6. おとなりコンプレックス3巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク