ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

果たしてアヒルボート同好会には何人所属しているのだろうか『鹿楓堂よついろ日和5巻』ネタバレと感想

鹿楓堂よついろ日和5巻

鹿楓堂よついろ日和5巻 の表紙はナポリタンを出すスイさん。

TVで見たメニューが食べたくなるのは超分かります。
テンション高い(いつものことかも)ぐれさんが多めの5巻は、きなこが少なかったです。

これまでのお話はこちら

鹿楓堂よついろ日和4巻ネタバレと感想

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

恋に進路に新しい生活に。悩める人々の背中をそっと押してくれる鹿楓堂。前を向くばかりではなく、時にはふと懐かしさも味合わせてくれる。そしてスイは、すれ違ってばっかりの兄・八京の事に思いを巡らせるのだった

 

新たな登場人物

林(はやし)

  • 砂金の同僚
  • 29歳
  • 優秀な編集長

渡辺 洋(わなたべ よう)

  • 中学3年生
  • 悩める受験生
  • アヒルボート同好会に勧誘される

長田(おさだ)

  • ときたかの陶芸教室の生徒
  • 沖縄に引っ越す
  • 鹿楓堂の常連だった

 

詳細あらすじ

砂金に勧められた少女漫画にハマる鹿楓堂のメンバー達。
そんなある日、つばきは砂金から恋の相談(本人は否定)を受ける。

人見知りのつばきの代わりに、ぐれやスイからアドバイスをもらった砂金。
たどたどしくも、同僚の林と鹿楓堂に一緒にいく約束をこぎつける。

ちょっとした勘違いがありながらも鹿楓堂を満喫した林と砂金。
また一緒に来る約束を取り付けるのだった。

ランニングが日課のぐれ。
毎日同じベンチで本を読む学生服姿の少年を気にしていた。
常連の音々子に聞いても今は普通通りの授業だという。
ひょんなことから関わり合いをもったぐれと少年。

ある日の晩、公園を通りがかったぐれはベンチでうずくまる少年を見つける。
鹿楓堂に少年を連れ帰り話を聞いたぐれは、自身の昔話をしながらエスプレッソを振る舞う。
ぐれに想いを吐出し、背中を押された渡辺君は家族の元へと帰っていった。

流行りのグルメ系ドラマ・グルメ刑事でナポリタンが出た翌日、鹿楓堂でもナポリタンの注文が殺到し食材が足りなくなる事態に陥る。
いつも側にある懐かしさの象徴のような存在である『喫茶店のナポリタン』
お客様を悲しませないため食材調達にぐれが走る。
本気を出したぐれによって、懐かしの味と言って貰えるナポリタンは無事提供されるのだった。

ときたかの陶芸教室に通う長田は。息子夫婦と共に暮らす為に沖縄に引っ越すことになった。
不器用でへたっぴな作品達が息子たちに迷惑にならないようにと処分することにした長田。
自分で捨てきれなかった作品の処分をときたかに頼むのだった。

最後に息子夫婦と鹿楓堂を訪れた長田。
食事も済みデザートになったとき、使われている器が自身の作品であることに気付く。
味がある器に好印象を抱いた長田の息子夫婦は、せっかくなので沖縄に作品を持ってこればいいというのだった。

陶芸教室のメンバーの送別会を行ったイーストサイドグランデ軽乃沢。
そこはスイの父が立ち上げ、兄が働くホテルだった。
スイは期待に応えられず、父は兄の八京を選んだ。

送別会の写真を見てお客を笑顔にできるホテルだと知ったスイは、八京がやりたかった事はこれだったのかと考えるのだった。

 

感想

砂金さんが38歳って事に驚いた!?
でも多分、どの年齢言われても驚いたような気もする・・・。

そして腕の傷をみただけで猫と判断するスイさんのセンサーすごい。

イタリアで修業したイタリア仕込みのぐれの腕前は、やんちゃな犬さえ優秀な警察犬のようにしてしまうのか・・・。
そして「人類全員を笑顔にすること」が夢って!
しかもこの話してそんな顔してきたの2人目って、むしろそれを聞いて引いたの2人だけなのも凄いな!
いや、立派な夢だとは思うけど。
でも大の大人に喜々としてその夢を語られるとちょっと引いてしまう気も・・・

悩みとかこれっぽちもなさそうって言う渡辺君のまっすぐな目がツボった。
しかしぐれさんも昔はいろいろあったんねー。
なんで日本に来ることになったのとか知りたいなー
そして渡辺君がアヒル同好会に入る日は来るんだろうか?

鹿楓堂立ち上げ時のときたかさんはいろいろ大変だったんだろうなー。
よく開店までこぎつけられたよねって思う。

ウィンナー買いに出る直前まで着流しだったぐれが、一瞬でジーパンTシャツの早着替え!
話しの最後ではまたちゃんと着流しに戻ってる!
着替えシーンもちょっと見て見たかったな。
あと、自転車1つで世界を旅してたって・・・ぐれさんホント何してたん?

アイスのパッケージみて「これはぐれのか」ってつばき君言ってるけど・・・ナニで判断したの?
え?見えないトコに名前書いてた??ぐれしか食べない味とか??
めっちゃ気になるし。。

他人の意見を一切否定せず、よい点を認めながらも自分の意見もしっかり主張する鹿楓堂メンバーの会議がすごく好きです。
すっごい楽しそうでいいなー。

ときたかさんの脳内大岡越前はしっかり機能されてるようでなによりです。

ほっこり話が沢山の中に、ちょっぴりスイとお兄さんの姿があってこれもちょっと気になる。

 

猫成分

★☆☆☆☆

きなこが一瞬すぎた・・・(´;ω;`)

 

 

 

 

 

次巻はこちら

→ 猫トモの印は指がつりそうで難易度が高い『鹿楓堂よついろ日和6巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 鹿楓堂よついろ日和1巻
  2. 鹿楓堂よついろ日和6巻
  3. 鹿楓堂よついろ日和3巻
  4. 鹿楓堂よついろ日和4巻
  5. 鹿楓堂よついろ日和9巻
  6. 鹿楓堂よついろ日和2巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク