ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

猫トモの印は指がつりそうで難易度が高い『鹿楓堂よついろ日和6巻』ネタバレと感想

鹿楓堂よついろ日和6巻

鹿楓堂よついろ日和6巻 の表紙はパンケーキをもったぐれさん。
抹茶が載ったパンケーキが超絶美味しそう。

新たな出会いがあったり、過去の自分と向き合ったり、相変わらずの飯テロだったりする6巻。
きなこの可愛さが半端ないです。

前巻のお話はこちら → 『鹿楓堂よついろ日和5巻』のネタバレと感想

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

近くに出来たイタリアンレストラン。ライバル視してくる従業員の千利にマスターの洸一郎、娘のまりはスイの猫トモと交友関係が広がる。そしてつばきはシュトレンをきっかけに自分の中のわだかまりと向き合うのだった

 

新たな登場人物

千利(せんり)

  • 洸一郎の店の従業員
  • 鹿楓堂をライバル視している
  • 素直じゃない

神子 洸一郎(かみこ こういちろう)

  • イタリアンレストラン(まりのごはん?)のオーナー
  • 温厚な性格
  • ちょっとぼんやりさん

神子 まり(かみこ まり)

  • 洸一郎の娘
  • ねこ好き
  • スイの猫トモ

勇(いさみ)

  • 鈴の弟
  • 受験生
  • たこ焼き大好き

 

詳細あらすじ

先月に比べ、ランチの売り上げが何となく落ちている鹿楓堂。
原因が何か分からずに悩むスイ。
そんなある日、見るからに怪しい姿の男が店を訪れる。

注文したナポリタンを一口食べたその男は、認めないと叫びお金を置いて出て行ってしまう。
気分を害したかとぐれは心配するが、ソースも残さずに綺麗に食べられた皿を見たスイはそれはないと言う。

不思議な客だったと思っている矢先、常連さんから本田横丁にオープンしたレストランの話を聞く。
ぐれも他の常連さんから美味しいイタリアンの店を見つけたという話を聞いており、鹿楓堂の4人は定休日に偵察に行くことにした。

素朴な外観のイタリアンレストラン。

お冷を運んできた青年は先日、鹿楓堂を訪れた怪しい客──千利だった。
敵意丸だしでスイ達に絡み、マスターである洸一郎に窘められる千利。

マスターの料理を鹿楓堂の面々に褒められ笑顔を見せるが、すぐに警戒モードに変わってしまう。
けれどマスターによって、鹿楓堂を訪れた後に

あんなに美味しい店が近くにあるなんて聞いてない
提供も早くてすごく悔しい

と言っていた事をばらされてしまう。
素直じゃない千利は鹿楓堂に勝つ宣言をするが、マスターの洸一郎は今後ともよろしくお願いしますと千利にも頭を下げさせるのだった。

 

パンケーキの生地に悩むつばき。
様々なパターンを作って鹿楓堂のメンバーで試食をするが、なかなか決められないでいる。

ある日、妻の命日にお店を臨時休業にした洸一郎は娘のまりと共に墓参りに訪れていた。
墓参りの後、仲良くなった猫がいるお店に行きたいとせがむまり。

そこは、鹿楓堂だった。
きなこを通じて、スイと猫トモになっていたまり。

小学生であるまりにパンケーキの好みを聞いたつばきは、ふわふわのパンケーキに決めるのだった。

そして甘いものを食べて笑う洸一郎にまりは「元気でた?」と問う。
自分の事よりもまりの方が心配だという洸一郎に、平気だよとまりは笑う。

皆がいるから平気、それよりお父さんが元気な方がいいというまりに、肩の力を抜かないと駄目だなと思う洸一郎だった。

 

 

彼氏の八郎と伊豆に行った鈴(2巻に登場)は、お土産を私に実家に帰っていた。

そこで、受験生である弟の勇が勉強に行き詰っているのを目にする。
実家からの帰り際、叔父が釣ったという大量のタコを受け取った鈴。
自分たちでは食べきれないからと、鹿楓堂におすそ分けに訪れる。

タコ料理で盛り上がる鹿楓堂のメンバー。
ぐれがたこ焼きと提案するがたこ焼き器が無く、ときたかも作った事がないと言う。

それを聞いた鈴は家にたこ焼き器があり、弟が大変詳しいので両方貸すと申し出る。
結果、鈴や勇、八郎も交えてタコパ―をすることになった。

タコパー当日、鹿楓堂を訪れた勇は鈴が熱を出して八郎が連れて帰ったと聞かされる。
初めて訪れるお店で、全員初対面の状況。

とてつもないアウェー感に帰ろうかと思う勇だったが、姉が頑張って準備してくれたこと。
そして、久しぶりにたこ焼きが食べられることを考え、せっかくだから作ると申し出るのだった。

作り方をレクチャーしながらたこ焼きを焼く勇。
変わり種を作ったり、ときたかが別の生地で作ってみたりと楽しく過ぎていくタコパー。

充実した時間を過ごして帰った勇は、タコが縁起物だからタコパーをして貰った事を知り、頑張らなきゃと思うのだった。

 

 

TVでクリスマス特集が組まれ出し、シュトレンが話題になる。

それを見たスイやぐれは、クリスマス限定でシュトレンを出すのもいいなと盛り上がる。
けれどつばきはどこかシュトレンに思う所があるようだった。

居残りでシュトレンのレシピ考案に悩むつばきに、スイはシュトレンじゃなく他のお菓子にしようかと問いかける。

子供の頃、クリスマスになるとよく母がシュトレンを作ってくれたというつばき。
父と三人で食べるのがいつものクリスマスだったという。

けれど両親が離婚し母に連れられてから、ずっと忙しくてお菓子なんて作らなくなった。
その後、つばき自身も家を出て母とはそれっきり。
母は別の家族と暮らしており、時々葉書だけが来る。
シュトレンは好きだし、作るのは嫌いじゃないけれどちょっと思い出しただけだというつばき。

そんなつばきに、スイはなにか引っかかっていることがあるでしょうねと言う。

引っかかってる事って何だろうと考えるつばき。

幼い頃、自分がケーキを作ると喜んでくれた両親。
それが嬉しくてお菓子を作る様になったつばき。

けれど、高校の時に突き放すような言い方で家を出た。
自分のせいで苦労する母を見るのはつらく、再婚の邪魔になりたくなかった。
母が知らない他人と家族になるのも見たくなかった。
母の新しい人生を祝福したいけど出来ず、だんだんお菓子を作る意味も分からなくなり・・・

でも、今は鹿楓堂にいてお菓子を作っている。

そんな事を考えながら試作した「いちじくとりんごの和三盆シュトレン」
ややフライング気味に美味しいと笑いながら試作を食べるぐれ達を見て、自身の中のわだかまりが昔と違う気がする事に気付くつばき。

「なんで」「どうして」ばかりを考え、母からの葉書もどんな気持ちで受け取ればいいのか分からずにいたつばきだったが、母に一通の手紙を出す。

「しあわせになって」

そう書かれたクリスマスカード。

それを受け取ったつばきの母はこっそりと鹿楓堂を訪れ、シュトレンを買い求める。
そして、つばきもねとつぶやくのだった。

 

感想

きなこの誕生日話で超癒された。
七輪だけは自信があるっていうスイさんにちょっと笑う。
でも、きなこの可愛さに全部持ってかれたケド。
猫と接する時はカメラは常備が必要ですよね。
奴等はいつなんどき超絶カワイイ顔を見せてくるか分からない。

小学生と猫トモになるスイさん。
猫は年齢を超える。。

そして新たに登場した千利君と洸一郎さん。
イタリアンレストランの名前は『まりのごはん』でいいのかな?
百面相する千利君がちょっと面白い。
さらに表情豊かなつばき君って感じ?
っていうか、昔のつばき君があんなんだったのかな??

猫トモって単語にたじろぐ洸一郎さんwww

鹿楓堂には『子供向け』っていうメニューが少ないから、パンケーキの生地をまりちゃんの好みに合わせたのかな?
しかし超絶美味しそうだ・・・。
こんなの食べてみたい・・・。

久々に登場した鈴さん。

初対面の人達の中、たこ焼き作る決心した勇君のメンタルスゴイ。
そして、一瞬で山芋をするグレさんもスゴイ。。
この人にはホントどれだけ特技があるのか。

たこ焼き器のセットでスイさんがドヤ顔するのは、それしか出来ないからだと思う。

つばき君は全然たこ焼き食べれてないけど大丈夫かな?
猫舌にもほどがある。
あっついって言って何も食べれてないよ。
あつあつが美味しいのに。

しっかし、これを見てると久々にたこ焼きを食べたくなった・・・。
昔から関西・・・特に大阪に住んでるとやっぱりどこの家もたこ焼き器あるんじゃないかな?
それじゃなくても、最近はホットプレートに付いてるから大阪人じゃなくても持ってる人多そうなイメージ。
関西出身だけど、我が家も普通にたこ焼き器あったし。
しかもガスタイプ。
ホント久々にたこ焼きでも焼こうかなー。

つばき君の昔の話が結構出てきた!
またお菓子を作りだした理由とか、鹿楓堂で働くことになった理由は不明やけど。
でも、お母さんに返事を出せるようになってよかったね!

そしてママも超美人だー。

番外編の極上喫茶ROKUHODOのノリも正直嫌いじゃない。
でもやっぱり、和服よねーって思っちゃうね。

猫成分

★★★☆☆

キラキラ顔のきなこが超カワイイ!

 

 

 

 

 

次巻はこちら

→ もぐムォンってどこのご当地なんだろうか『鹿楓堂よついろ日和7巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 鹿楓堂よついろ日和2巻
  2. 鹿楓堂よついろ日和5巻
  3. 鹿楓堂よついろ日和4巻
  4. 鹿楓堂よついろ日和7巻
  5. 鹿楓堂よついろ日和9巻
  6. 鹿楓堂よついろ日和8巻

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク