ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

紅の友達バルーンって初めて見た気がする『桃組プラス戦記18巻』ネタバレと感想

桃組プラス戦記18巻

桃組プラス戦記18巻 の表紙は宵藍と鴇羽。かなり百合っぽい雰囲気。
主人公は夢の中でカオスな状況に陥りつつも、肝心な事は獣基達が聞いてるから多分問題なし。
番外編は酉年から戌年に変わった瞬間の、全コマに雅彦がいるちょっとウザ可哀想なお話。

収録内容は

第八十二話 月正、約束ノ地ココニ。ノ章 其の十四
第八十三話 月正、約束ノ地ココニ。ノ章 其の十五
第八十四話 月正、約束ノ地ココニ。ノ章 其の十六
第八十五話 月正、約束ノ地ココニ。【黒鬼の回想録】ノ章 其の十七
第八十六話 月正、約束ノ地ココニ。【白鬼の回想録】ノ章 其の十八

番外編 詣でよ!雅彦!

 

シリーズ全体のあらすじはこちら→ 桃組プラス戦記のあらすじ紹介

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

祐喜を夢に閉じ込めたい羊原君と目覚めさせたい謎の少年。一方で祐喜を見つけ出した雪代達だが、祐喜の身体を人質に取られてしまい生徒会長に愛譚学園の中枢へ連れていかれる。そこで聞かされるのは白と黒の鬼の物語

 

新たな登場人物

白霓(しろにじ)

  • 『白虹』表記でもいいらしい
  • 涅人とホクロが逆
  • 猫をかぶるのが上手

 

詳細あらすじ

祐喜を夢の中に閉じ込めようと、夢世界に迷路を構築する羊原。
その一方で幼い祐喜を姿をした『祐喜の心の健康管理人』がなんとか祐喜を目覚めさせよう奮闘する。

怪我をして将来を絶たれた陸上選手、世界を目指すテニスプレイヤー、コンサートを目前に控えたアイドル。
色々な夢を経て、祐喜がたどり着いたのは雪代、咲羽、雅彦と過ごす日常だった。

陸上選手やテニスプレイヤーの夢と違い、居心地がよく違和感のない状況に祐喜は夢と気づかずに囚われてしまうのだった。

そして羊原は、幼い祐喜の姿をした心の健康管理人の本当の顔を暴き、驚く。

 

 

一方で雪代達は手分けして探すふりをして羊原と離れた後、再度合流して3人で祐喜を探していた。
雪代が商品でもらった桃の花が祐喜の場所まで3人を導く。

無事に祐喜の元にたどり着いた雪代達だが、副会長に祐喜の体を操られ人質にされてしまう。

邪魔をしないで欲しい

これからボクらの向う場所に
君達も付いて来てくれても良い

今しか・・・
ないんだ

そんな生徒会長の言葉に、雪代達は素直に従う。

迷路のようにめちゃくちゃに繋がれた空間を通り、たどり着いた先は愛譚学園の最深部。
そこには生徒会長に似た顔の子供が眠っていた。

そして、それは羊原が対面した祐喜の心の健康管理人と同じ顔だった。

生徒会長は言う。

この子は
僕の双児の兄

白の鬼
『白霓』

そして僕は───
黒の鬼
『涅人』

白と黒の鬼は一対
陰と陽
始まりと終わりの鬼

どうして僕が白鬼の座にいるのか
どうして兄がこんな所に閉じ込められているのか

教えてあげる・・・

そう言った生徒会長───涅人の真っ白だった髪は真っ黒に変わっていた。

 

 

17年前に生まれた、今代の鬼の護り手・・・白と黒の鬼の双子。
通例通り白鬼は白峰の家で、黒鬼は分家の黒峰の家でそれぞれ育てられるはずだった。

けれど、それに待ったをかけたのは生まれたばかりの白鬼。
白鬼は全ての鬼を掌握して統率する為、成人まで精神と身体が通常の鬼の倍以上の速さで成長する。

そんな白鬼──白霓は歴代のどの白鬼より速く育ち賢く強かった。

白鬼の仕事は鬼の一族の統括と子鬼達の教育。

そして、すべての鬼の頂点である白鬼の上には「誰か」がいた。

鴇羽、桔梗、裏葉、宵藍、紅。
鬼の子達と過ごす楽しい日々。

けれど、ある日、宵藍は監視者はイヤだ、紅に嫌われたくないと泣いた。
鴇羽もまた、今度こそ私を覚えている桃太郎が欲しいと泣きながら眠る。

そんな子鬼たちを見て白霓は心を痛める。

強い子鬼達を育てる
いつか
「桃太郎」に殺されるかもしれない子鬼たちを───

何も出来ないけれど、「対」として「補佐」として兄を支えたいと願った涅人。

ある日いつも通り上にいる「誰か」に「報告」に行った白霓の
激昂と光。

そして涅人の目の前で胸を串刺しにされた白霓はそのまま柱に囚われる。

役目を頼む

そうして

 

転じるのは
昼と夜
表と裏
生と死
白と黒

 

涅人の黒かった髪は真っ白に転じてしまう。

何故こんな事になったのか問いながら『誰か』がいた部屋を開いた涅人は、そこに割れた面を見た。

そして頭に直接響く言葉。

酷いよなぁ?
ずーっと使ってたお気に入りの依代だったのに

割られるより先に
あいつが死んで

黒鬼が白鬼に入れ替わったおかげで
お前の中に
逃げ込めたけどな───

 

あなたは・・・
誰なの・・・?

 

そうだなぁ
お前達
全ての『鬼』を作った存在・・・かなぁ

そもそも白の鬼は
どんな物語の鬼でもない
一族を束ね
子鬼を導き
歴史に誕生する
新しい絵巻を
ただ見届けて
記するが役目

お前の兄は
役目を履き違えた
だから
ああなった

お前は役目を違えず
オレに従え
特等席で
見せてやる!

呪え!
その血と魂の業を!
謳え!!
悠久の宴が
今また始まる───

オレの美しい箱庭で

お前の最初の仕事だ

子鬼共の記憶を消して
学園に放り込め

時期が来れば
そこで
「桃太郎」とご対面だ

 

そうして涅人は役目を果たした。

 

 

 

羊原もまた、白霓に何故、祐喜の心の中にいるのかと尋ねる。

生まれた時からだいたいのことが分かっていた白霓。
自分以外にしか聞こえない、面から発せられる「声」。

その「声」は役目を果たせと言う。
役目の1つ目、一族の統率は問題なかった。
2つ目である小鬼達の教育も問題はなかった。

問題は3つ目。
毎日の「報告」。

日々の子鬼たちの状況を「声」に伝えるが、「声」は子鬼たちに興味はなく、代わりに歴代の鬼と退鬼師の戦いの記憶を聞かせろとうるさかった。
中でもお気に入りは『桃太郎』。
どこまでも『桃太郎』に執着を見せる「声」。
けれど白霓にとって『桃太郎』は、いつか自分の子鬼たちと闘う時限爆弾みたいな存在でしかなかった。

白霓が愛していた子鬼たち。

けれど、「声」にとってはただのコマでしかなかった。

それに気付いた白霓は、可愛い鬼たちを守ると「声」を倒そうとする。

子鬼たちの未来を守るために。

けれど、力及ばず封じられてしまう。

涅人・・・
あいつらを頼む

光を
見せてやってくれ

・・・見せたかった
お前にも

オレのかわいい
子鬼共を守る

「役目を頼む───」

 

その一言を残し、白霓の魂は体から弾かれてしまう。

保って数時間で消滅。

そんな状態で魂のみで彷徨っていた白霓は、宿敵である「桃太郎」───祐喜を見つけたのだった。

 

 

感想

夢の中がカオスすぎて笑った。
夢の中の祐喜がノリノリなのは羊原君の影響なのか、祐喜の元々の素質なのか・・・。

そしてナチュラルに祐喜グッズを強奪していく雪代達・・・。
鬼には過ぎたものってヒドイな。。。

何だかんだと普段あまり役に立ってなさそうな雅彦が、肝心なトコでは一番冷静かな。
まあそうじゃないと存在意義が薄れて・・・

どうでもいいけど、すごい顔でうなされてる羊原君はそのまま放置なんかな?
放置なんやろうね・・・。
まあなんか空間をショートカットできるっぽいし、不意に目覚めても大丈夫・・・かな?

赤ん坊がそのまま喋ったんのはちょい衝撃でした。

かなりチートな感じの白霓さんwww

僕が6つ、他の鬼の子は5つ、兄が13の時に・・・って
成長速度が早くても、生まれてきてから6年なら6歳じゃなくて??
13って・・・どういう基準なんだろう?ってちょっと思ってしまった。

白鬼は白峰の家でって事は・・・フルネームは白峰白霓って事なんかな?
めっちゃ白々してる。。

小さい頃を見てると、涅人さんのドジっ子属性はそのまま素っぽい感じ?
白霓が残した「役目を頼む」ってどう受け取ったのか気になるところ。

「子鬼たちを守る」っていう役目ではなく「声」に従う方だと悲しいなぁ・・・。

「声」も最終的にどうしたいのかイマイチ分からない。
「桃太郎」を殺す事に執着してるのかな?
そもそもの始まりは何なんだろうか・・・?

「声」と「初代桃太郎」に何か確執があって子鬼たちに桃太郎を呪わせたとかあるのかな??

そして黒鬼が白鬼に転じてるって事は、黒鬼って実は不在の状態なのでは・・・・?

今の状態じゃ涅人を攻略しても黒鬼攻略にはならない。だから「あと2体って思ってんだろうなぁ、可哀想に」的なセリフが以前にあったとか??

白霓を目覚めさせた上で涅人の攻略が必要そうな気がするけど、「声」が涅人の中にいる状態だとなんかそれもいろいろ難しそう。
ってか涅人の中に「声」がいたら、「声」を始末するには涅人ごとって事・・・だよね?
それはそれで厄介な・・・。

羊原君の攻略もよう分からんし・・・・。

まあ、次で白霓が祐喜の中に何でいるのかーとか、祐喜の小さい頃に何があったのかーとか、涅人さんはどうしたいのかーとかいろいろ分かりそうなので楽しみにしておこう。

 

猫成分

☆☆☆☆☆

(´・ω・`)

 

 

 

 

次巻はこちら

→ あれで鼻血が出せる雪代がスゴイって初めて思った『桃組プラス戦記19巻』ネタバレと感想

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 桃組プラス戦記19巻
  2. 桃組プラス戦記
  1. ハエ 2018.09.24 4:22pm

    ネタバレを誠にありがとうございます。

    質問です。
    咲羽たちの分を少ないですか?

    • niboshi 2018.09.25 4:03pm

      >ハエ様

      ご質問の内容は、咲羽たちの出番の量という事でよろしいでしょうか?
      それでしたら18巻は冒頭と中ほどで少し出てくるだけなので、だいぶ少な目になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク