ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

御曹司と女子高生による年の差&身分差ラブコメディ『高嶺と花』

高嶺と花

『 高嶺と花 』の連載開始は2015年。花とゆめ(白泉社)にて連載中。
2018年1月現在、9巻まで刊行。
作者は師走ゆきさん。

大財閥の御曹司と女子高生の身分と年の差のラブ。のはずが、何かちょっと違う2人の関係。互いに惹かれ合っているはずなのに、競い合い・屈辱を味合わせてやろうとする2人によるラブ・コメディ。テンション高めで楽しんで読めます。

以下ネタバレあり。

あらすじ

大財閥の会長に見初められた姉・縁の替え玉として、才原高嶺とお見合いをする事になった野々村花。見合いの席での高嶺の言動に腹を立て、鬘を顔面に投げつけて帰ってしまう。てっきり破断になると思っていたのに、なぜか高嶺に気に入られ、連れまわされるようになる。

最初は高慢で横暴なで大人げない高嶺に嫌悪感を示していた花だが、根が悪い相手ではない事を知り合うのを楽しみにするようになっていく。高嶺がずっと自分の事を姉の縁だと思っていると思っていた花だが、実は高嶺は最初から違う事に気付いていた事を知り、そのうえで『見合い』が継続していく。

主な登場人物

野々村 花(ののむら はな)

  • 16歳・女子高生
  • 陸上部単距離ランナー
  • 勝気な性格

才原 高嶺(さいばら たかね)

  • 26歳・大財閥の御曹司
  • 眉目秀麗・高身長・高学歴
  • 高慢で負けず嫌い

その他の登場人物

野々村 縁(ののむら ゆかり)

  • 23歳・百貨店勤務
  • 花の姉
  • 美人
  • マイペース

岡本 颯馬(おかもと そうま)

  • 通称・おかモン
  • 花の同級生で幼馴染
  • サッカー部のエース
  • 実家がお好み焼き屋

ドラマ化

放送時期

2019年3月18日 ~

放送局

テレビ東京系

キャスト

才原高嶺:高杉真宙
野々村花:竹内愛紗

霧ヶ崎英二:戸塚純貴
ニコラ・ルチアーノ:伊藤あさひ
岡本颯馬:遠藤健慎
藤原光子:長見玲亜
小川水希:宮﨑優

野々村茂:西堀亮(マシンガンズ)
野々村笑:仁藤優子
野々村縁:出口亜梨沙

鷹羽狭谷:岡田浩暉
鷹羽蒼天:品川徹

感想

年の差・身分差カップルのお話なんですが、なんか一般的なソレとは違う感じのお話で楽しいです。「庶民の彼女をよく思わない周りからの嫌がらせを、権力でもってねじ伏せてトキメかせる」なんてシチュエーションは一切来ない。むしろ、庶民・女子高生の花の方が強いかもしれないくらいの勢いですね。打てば響く様な2人の会話のテンポも読みやすくていいです。

花に唇を奪われた雪辱を果たすと息巻く高嶺。花に惹かれているのは確かなはずなのに、イマイチ真意が読み取れない謎めいた所が、今後どうなっていくのか気になりますね。

しっかり者の女子高生と大人げない御曹司の今後の行方が大変楽しみです。

猫成分

☆☆☆☆☆

ちょろっともいない・・・(´・ω・`)

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 恋するシロクマ
  2. 別冊図書館戦争
  3. 高嶺と花11巻
  4. ちはやふる
  5. ダメな私に恋してください
  6. 月刊少女野崎くん

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク