ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

珍しく花が振り回されっぱなしの『高嶺と花10巻』ネタバレと感想

高嶺と花10巻

高嶺に飛びつく花が表紙の 高嶺と花10巻 。
ついに表面化する、高嶺と花と颯馬の3角関係!
恋の行方が気になります!!

予測不能な高嶺の言動に振り回されっぱなしの花や、ルチアーノと高嶺の話も見れる10巻です。

 

シリーズ全体のあらすじはこちら→『高嶺と花』のあらすじ紹介

以下ネタバレあり

 

簡単あらすじ

颯馬に突然告白をされて動揺する花。颯馬への答えを見つけて一安心したところに今度は高嶺がお見合いを辞めると言い出す。何とかお見合い続行となって迎えた高嶺の誕生日では、高嶺が思いがけない行動に出るのだった

 

詳細あらすじ

「ずっと好きだった」と颯馬から告白された花。

今までずっとそばにいたのに何も知らず、これまでの自分の言動でいっぱい傷つけてきた事に花は気づく。
そして、なんて言えば傷つけないで済むか、どうすればこれまでの関係を無くさずに済むかと悩んでいた。

そうして悩む花を心配し、事情を知らないまま不器用ながらに高嶺は励まそうとする。

何でもないなら別にいいが
そうでもないときは家
それがこの家のルールだ

今決めた

そんな高嶺に触れた花は、

絶対に相手が傷つくってわかってても
どうしても言わなきゃ
いけない事があるとき
高嶺さんならどう伝えますか?

と、相談を持ち掛ける。

本当に相手の事を思いやっれば自ずと答えが見えるという言葉をもらった花は、もう夜も遅かったが颯馬を呼び出す。

高嶺が好きだと颯馬に告げようとして、逆に知ってると言われて驚く花。
高嶺に告白できずにいる花に、その間はこっちにもチャンスがあるってことだろといい颯馬は帰って行く。

遅くに出歩いた花を心配して探しに行った高嶺は、颯馬と遭遇する。
そして、花に告白した事を知らされるのだった。

結果を聞いたものの答えて貰えなかった高嶺は、花の悩みであった『相手が傷つくけど絶対言わないといけない事』というのが、『おかモンと付き合う事になったので見合いを終わらせたい』という事だと勘違いをするのだった。

翌朝から、颯馬と普通に話せるようになったことに安堵する花だったが、同時に高嶺の様子がいつもと違う事に気づく。
仕事の悩みの場合は相談に乗れないと判断した花は、気分転換にカラオケへと高嶺を連れ出すのだった。

2人でカラオケで盛り上がり、少しは元気になった様子に安心する花。
けれど、カラオケボックスの廊下で偶然颯馬と遭遇する。

花と颯馬が2人で話す姿を見た高嶺は、花に「見合いをやめてもいい」と告げるのだった。

並んでも兄妹にしか見えない、俺の色気に反応する素振りが無い、子供である部分を感じたら見合いを強制する気が失せたという高嶺。
どうしてもっていうなら付き合ってやってもいいが、ガキ同士の方が盛り上がるだろと言われ、高嶺の好きにすればいい!と花はカラオケボックスを飛び出していく。

泣きながら走り去る花を見た颯馬は、高嶺のいる部屋へと乗り込んだ。
颯馬と花が付き合っているとばっかり思い込んでいた高嶺だったが、そこで颯馬が振られている事を知る。

堂々と告白した事を告げた真意を問われた颯馬

あいつを真剣に想う
人間がいるって事を
示しときたかった・・・!
アンタが軽い気持ちで
振り回すようなことがあったら
絶対許せねーから

事の顛末を聞いて我に返った高嶺は、会計を颯馬に任せて花を追いかけるのだった。

珍しく素直に謝り、勘違いをしていた事を告げる高嶺。
けれど、気がおさまらない花は、高嶺にとってすぐやめてもいいようなものだったのかと、高嶺を詰る。

・・・ああ
お前がお前でいられなくなる
見合いなら
なくてもいいと思った

いくら小憎たらしくても
1年も一緒にいりゃあ
踏むのも
むしるのも
ためらわれるだろ!

お前が無遠慮で
生意気な限りは
二度と言わん

そうしてまた、『お見合い』状態にもどった高嶺と花。

けれど、勘違いで一方的に見合い終了を告げられた事を密かに花は引きずっていた。
そんな中、高嶺の不在中に押しかけて来たルチアーノに高嶺についての愚痴をこぼす。

大学時代の高嶺との馴れ初め話を話し、高嶺には高嶺なりの優しさや行動原理があるって思えば、意味不明でも腹立たないとルチアーノは笑う。

花ちゃん
人を好きになるって
相手の事全部
好きになんなきゃ
いけないって事じゃ
ないよ

嫌いなとこ
あったっていいんだ
何個でも
それを差し引いても
寄り添っていたいって思える気持ちが・・・

ってやつ
なんだからさ

その言葉と、帰って来た高嶺とワイワイ騒ぐルチアーノの姿を見て少し浮上する花だった。

そんな矢先、ルチアーノ経由でアイドルグループ『微風』のライブチケットを入手した水希に誘われた花と光子。
週末にライブに行く約束をするが、高嶺がその日は登山に行くぞと言いだす。

断る花に「今週末俺は何をすればいい!」と逆ギレをする高嶺。
結局、光子が微風の竹潤から直接ライブのチケットを貰った事でチケットがあまり、高嶺もライブに行くことになった。

高嶺が、慣れない苦手な場所に大人しく付き合った事に不思議に思った花は何で今日来たのかを訪ねる。

お前の嗜好を把握
しておきたかった
・・・お前が
どんなものを見て
どんな風に喜んで
どれだけ心を動かされるのか
それを知ることができて・・・
今日は有意義だった

そうして穏やかに笑う高嶺に絆される花だったが、その直後「女ってのは男が宙を舞うと興奮するものなんだな」と続く言葉で事態は一転。
翌日、花はスカイダイビングに連れていかれるのだった。

そうして、迎えた高嶺の誕生日。
悩んだ末に花が選んだ誕生日プレゼントは富士山柄のスマホケースだった。

はしゃいで酔いつぶれる大人たち。

大丈夫といいながら部屋に戻る高嶺が心配で花が様子を見に行くと、ブラインドを開けっぱなしてスーツのまま眠っていた。

花が眠る姿を見ていると高嶺は急に起き上がる。
そして、花からもらったスマホケースを眺め

・・・お前も
これ位簡単に
俺の手に収まったら
なあ・・・

そう呟き、花の鼻にキスをして再度眠りについてしまう。

突然の高嶺の言葉と行動に混乱する花だった。

 

感想

高嶺さんめっちゃ動揺してる!
めっちゃ花ちゃん大事じゃん!!
そして、おかモンと花がくっついちゃう可能性っていうのも高嶺さんの仲にちゃんとあったのね。

大事に思ってる癖に、花の幸せのためならと潔く身を引こうとするとか・・・。
今までいろんなもの諦めてきたのかなーと思わなくもない。

そしてそして、おかモン強い。
メニューで高嶺さん叩いたよ・・。

それに対してノーリアクションの高嶺さん。
そんだけ凹んでたの?
よっぽどダメージデカかったんだねぇ。

もう、さっさと告白してしまえば早いのにー!じれったい!!!

どっちも確実に周りからバレバレですよ?
知らぬは本人ばかりなり!!

しかし、ライブではしゃぐ花ちゃんを見て得たのが「女ってのは男が宙を舞うと興奮するものなんだな」っていうのはいかがなものかとおもう。
スカイダイビングって!
しかもそれにちゃんと付き合ってる花ちゃんも凄い!!

誕生日に早く帰れるように、仕事を調整する高嶺さんがカワイイ!
めっちゃ楽しみにしてんじゃん!!

早く帰ってきてと素直に言わず、ケーキの苺をトマトに代えていくっていう花ちゃんの脅しが好きwww

高嶺のスマホ見て「せめてこれだけは一緒に」って言うのは、自分が上げたものを傍において欲しいって事ですかね?
一瞬、お揃いのケースを買ったのかと思ったけど、そんなバレバレの事はさすがにしない・・・かな?

今回のでさすがの花ちゃんも高嶺さんの好意に気付いた・・・?
というか、気づいてお願い!!!

 

猫成分

☆☆☆☆☆

 

ペルシャとかもふっとした長毛種似合うと思うんだけど・・・

 

 

 

次巻はこちら

→ 恋ですか?って質問に肯定の返事が返ってこなくて良かった『高嶺と花11巻』ネタバレと感想

 

 

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. 高嶺と花12巻
  2. 高嶺と花13巻
  3. 高嶺と花11巻
  4. 高嶺と花

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク