ねこ好きの本棚

今まで読んだ本のあらすじ紹介や感想、考察などを載せています。漫画がメイン。猫はいたりいなかったりです

メニュー

冷血女子と問題児の噛み合わないラブストーリー『となりの怪物くん』

となりの怪物くん

となりの怪物君 は2008年から2014年の間、デザート(講談社)にて連載。
全13巻で完結。
作者はろびこさん。

2012年にアニメ化され、2018年には実写映画化も決まった大人気作品。

原因は違うけれど、周りから孤立していた雫とハルが出会った事で、取り巻く人間関係がどんどんと変わっていくお話。
人と関わる事が苦手な2人による、不器用なラブストーリー。


以下ネタバレあり

 

作品紹介

夢は年収一千万で、優秀な弁護士になる為に勉強にしか興味がない雫。他人にどう思われようが、一人だろうがなんら気にしない彼女の生活は、ハルと出会った事で変わっていく。
高校入学後まもなく、担任から席が隣という理由で吉田春(通称:ハル)の所にプリントを持っていくように頼まれる。

入学式当日に流血事件を起こし、停学処分が解除した後も不登校を続けるハル。
思い込みや勘違いが激しいハルに友達認定された雫は非常に気に入られ、迷惑がりながらも面倒をみるようになる。

友人が欲しいハルだが、暴力的で頭はいい癖に奇行が多いため回りから引かれてしまうハルと、優秀な成績を取るために他人をすべて排除してきた雫。
互いに惹かれ合いながらも、対人関係に対する経験値不足や、それぞれの抱える問題などが邪魔をしてなかなか発展しない2人。

美少女がゆえにいろいろこじらせてやっぱりぼっちな夏目や、明るく人柄のいい佐々原など様々な周りの人達と関わる中でちょっとずつ成長していくお話です。

 

主な登場人物

水谷 雫(みずたに しずく)

  • 高校1年生
  • 無表情で冷静
  • 勉強が全て
  • ブラコン
  • 服のセンスがださい
  • 小学生の時のあだ名は『ドライアイス』
  • 学年次席
  • アニメ声優:戸松遥

吉田 春(よしだ はる)

  • イケメンで頭はいいが喧嘩っ早い
  • 人を簡単に投げ飛ばすくらい怪力
  • 奇行が多くよく問題を起こす
  • 人間関係が苦手
  • 学年トップ
  • 実家と折り合いが悪い
  • アニメ声優: 鈴木達央

山口 賢二(やまぐち けんじ)

  • 高校1年生
  • お坊ちゃん学校の生徒
  • 初等部の頃ハルを苛めていた
  • 雫に気がある
  • 方向音痴
  • アニメ声優:寺島拓篤

名古屋(なごや)

  • ハルの鶏

その他の人々

夏目 あさ子(なつめ あさこ)

  • 雫とハルのクラスメイト
  • 美少女
  • 男子を毛嫌い
  • 成績が悪い
  • ぼっちをこじらせネットの世界に逃避
  • アニメ声優:種﨑敦美

佐々原 宗平(ささはら そうへい)

  • 雫とハルのクラスメイト
  • 愛称:ササヤン
  • 常識人
  • 野球部
  • さわやかで人当りがいい
  • 夏目に気がある
  • アニメ声優:逢坂良太

大島 千づる(おおしま ちづる)

  • 雫達の隣のクラスの委員長
  • 常識人2
  • 大人しく、真面目で控えめな性格
  • 眼鏡だからという理由で委員長にされる
  • ハルに気がある
  • アニメ声優:早見沙織

三沢 満善(みさわ みつよし)

  • 25歳
  • 愛称はみっちゃん
  • ハルの従兄弟で保護者
  • バッティングセンターの店長
  • 常にサングラスをしている
  • アニメ声優:小野大輔

吉田 優山(よしだ ゆうざん)

  • 19歳
  • ハルの兄
  • ハルと仲が悪い
  • 大の甘党
  • 女性への免疫がない
  • アニメ声優:梶裕貴

 

感想

友達が欲しいけれど人と関わる事が臆病なハルと、人付き合いを必要としない雫。
ハルと雫それぞれのずれっぷりが凄いです。
また、割と『常識』をどっかに忘れてきた人たちが多くテンション高めで楽しいです。
互いに『好意』があるのに、噛み合わずにすれ違ってばっかりの雫とハルにやきもきしつつ、ハルの笑顔になんか癒される作品です。
ハルの笑い顔が可愛い。
あと、夏目ちゃんのテンションのアップダウンの激しさも嫌いじゃないです。キャラが皆、個性的で大変楽しめました。

愛蔵版なんかも出ているので、これから読むぜって人にはいいかもですね。巻数がぐっと減りますし。

 

 

実写版について

公開予定日

2018年04月27日

キャスト

水谷 雫 :土屋太鳳
吉田 春 :菅田将暉
山口 賢二:山田裕貴
夏目あさ子:池田エライザ
佐々原宗平:佐野岳
大島千づる:浜辺美波
三沢 満善:速水もこみち
吉田 優山:古川雄輝

実写版に思う事

ハルが菅田くんというのは割とハマってるかも。なんとも言えない雰囲気とか、髪の感じとかも。片手で人投げれちゃうのとかどうするの?っていう疑問はありますが・・・。
ただ雫が本当に無表情で淡々としてるので、太鳳ちゃんってイメージはあまり無いかな。すっごい違和感あります。
そして、みっちゃんがもこみちさんで笑った!確かにグラサンかけてってしたら、ヴィジュアル面では結構合うかも?
そしてファンの方には大変申し訳ないが、後の方々がよく分からなった・・・。ササヤンが陸王の毛塚君の人だという事くらいしか・・・。そして、高校生に見えなかった・・・。見事に出られたドラマや映画を見てない、もしくは役柄見ても「誰?」ってなりました。すみません。ワンクール中に2,3本ドラマを見るか見ないかのレベルでしか見てないので、俳優さんにはちょっと疎いんです。

映画の長さにまとめると、春の実家の事+山口くんがちょっとあて馬にされつつ、雫とハルがちゃんと付き合う。くらいになるんでしょうか?
バランス取るために、雫のライバルとして大島ちゃんもの告白とかは入るかもとして、夏目ちゃんの恋愛事情が入る隙間は果たしてあるのか。
どうせなら夏目ちゃんの話もしてあげてほしい。

そして公式サイトを覗いたら、ちゃんと『名古屋』がいて安心しました。やっぱりヤツがいないと始まらない。

 

猫成分

☆☆☆☆☆

だって鶏いるしね←

 

スポンサーリンク

     

関連記事

  1. フルーツバスケット
  2. おじさまと猫1巻
  3. この男は人生最大の過ちです1巻
  4. 恋と呼ぶには気持ち悪い1巻
  5. 王子様なんていらない
  6. QQスイーパー

コメントをお待ちしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク




ブログランキング

よろしければ、ポチっと押してやってください。励みになります。
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PROFILE


管理人:にぼし



とくにジャンル問わず読むが、少女漫画やファンタジー、ほのぼの系が多数。メインは漫画、たまに小説。漫画は完全単行本派。時々小説。Landreaall、ボクラノキセキ、クイーンズ・クオリティが特に好きです。小説は有川浩さん、小野不由美さん、上橋菜穂子さんなど。

アーカイブ

スポンサーリンク